FC2ブログ

のんびり・ゆっくり・・

ゆったりと生活しませんか・・

宍粟まで紅葉を見に・・(1)



昨日のことクマさんが

宍粟の原不動滝が見頃なんだって・・

行こう・・


といきなり言い出した・・

急いでおにぎりとお茶を用意して

出発・・

しばらく走ると道の駅が・・















ちょっと覗いてみることに・・

お店の奥のほうからいい香りが

コロッケでした

1個100円・・

ちょっと塩気がかっていたけど

サクサクほっこりしてて美味しかったです・・

道の駅の真ん前に
















伊和神社・・

伊和神社は144年(成務天皇14年)に創建されたといわれる

旧国幣中社の神社・・

播磨国の一の宮で

総氏神様と崇められ多くの人々から信仰されてきました

社殿が北向きに建てられている珍しい造りは

境内に祀られている「鶴石」に由来するものだそうです・・

53,000平方メートル(約16,000坪)もある広い境内には

杉などの木々があり厳かな雰囲気に包まれていました

実は凄いパワースポットだそうです・・

確かに

中に一歩足を踏み入れた途端・・

空気が変わったなと感じました・・
















社殿に向かう参道は伊和神社の境内の中でも

特に強いエネルギーを感じることができるパワースポット・・

















鶴石・・

564年(欽明天皇25年)・・

豪族・伊和恒郷に大己貴神から「我を祀れ」との神託が・・

その後一夜にして

伊和神社が鎮座する場所に杉や桧などの木々が生い茂り

空には多くの鶴が舞い中でも大きな二羽の鶴が

石の上に北向きに眠っていました

伊和恒郷はそこを鎮座地と決め

社殿を北向きに造営したという伝承が・・

現在の社殿も北向きで社叢のなかにあります

石は鶴石と呼ばれ本殿裏に祀られています・・


続く・・



  1. 2019/11/15(金) 17:07:47|
  2. ちょっとおでかけ・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

検診の後にぶらり・・(2)




日牟禮八幡宮をお参りした後・・

クマさんが見たかった・・

テレビの時代劇にでてくる八幡堀の散策へ・・















橋の上から見たところです・・

ちょっと小雨が・・

散策の前にトイレ休憩をかねて観光案内所となっている

白雲館へ・・
















白雲館

現存する貴重な擬洋風学校建築
明治9年(1876年)に近江商人からの寄付によって
建設された旧八幡東学校・・

当時の金額で6000円の費用をかけて学校として建設されました
このころは米1俵が1円34銭で購入できたそうで
かなりの高額だと想像できます・・
その大半は地域の人々の寄付によってまかなわれたと・・

明治10年(1877年)に「八幡東学校」として開校
以降
明治26年(1893年)に本校舎移転を理由に廃校となるまで
学校として使用されました
その後は八幡町や蒲生郡の役場として使われていましたが
昭和41年(1966年)に民間に移り
昭和40年代後半からおよそ20年ほど空き家に・・

平成4年(1992年)に近江八幡市に移管
平成6年3月に修復が完成し
平成10年から近江八幡観光物産協会が管理しています


日牟礼八幡宮参道の鳥居前にあり
現在の白雲館は明治期の姿を復元したもので
1階玄関に丸柱・2階正面には破風屋根とバルコニーが
設けられた擬洋風建築です・・

擬洋風建築とは明治時代の初めごろ
西洋建築の形態を日本の建築技術によって造った建築物を指し
外国人の設計による純洋風の建築物が建てられるなか
「西洋に追い付け追い越せ」という勢いで
日本の大工や技術者が在来の技術や工法を使って
見よう見まねで建てた建築物です・・

平成10年に国の登録有形文化財(建造物)に指定されています















西洋建築の鐘楼を真似て作られたましたが

洋風の鐘がないため代わりに太鼓を配したという「太鼓楼」















中に入ると骨董品が並んでいます・・

大皿・中皿・小皿・茶碗・大鉢・花瓶等々・・

クマさん真剣に覗き込んでみています・・

観光案内所の方に聞いてみると・・

近江八幡は古いお屋敷が残っていて

家を処分される時にたくさんの骨董品がでるそうです・・

それをここで格安で提供しているとのことでした・・

クマさん・・


これ・買うわ・・


手にしていたのは大きな九谷焼の花瓶・・

ちなみにこの花瓶800円でした・・

花瓶は・・

風呂敷に包んで布の袋に丁寧に入れてくださって

包装代のほうが高くつきそう・・

クマさん・・

散策前に車に積み込んじゃいました・・















待っている間に撮ったのがこの写真です

降っていた小雨も上がったので

ゆっくり散策・・

階段を上がったところに












近江牛のコロッケ・・

甘みの有る美味しいコロッケでした

ここでお茶も頂いて・・

美味しかったですと声をかけると

中に丁字麩がはいってるんですとのこと・・















時代劇ロケ地で有名「八幡堀」

幅約15メートル・全長6キロメートルの八幡堀は

水運の町として近江八幡が発展するきっかけとなった

人工の水路です

安土桃山時代に豊臣秀次が八幡山城を築城した際

市街地と琵琶湖を結ぶ水路として造営されました

商業の発展と城下町の防御の2つの役割を持っていました

クマさんが見たかったのはこの風景・・

水路脇を散策しながら満喫しました















麩の吉井さん・・の看板発見・・

さっきコロッケにはいってるといってた丁字麩・・

店内で丁字麩の上に生鮭と玉ねぎののったものと

いくらと胡瓜ののった辛子和えのおつまみを

味見させていただいて・・

もっちりした食感と辛子和えのお味が

凄く美味しかった・・

ここでもお茶のサービスが・・

半分にカットして餡をはさんだ最中もありました・・

ここで酢味噌付きの丁字麩を買いました・・














戻るときは路地を通って・・

たねやさんにはいってみたけど

欲しい物がなくて・・

お向かえにあった















近江つけもの山上へ・・

この季節にしかない小ぶりの下田茄子がお勧めだそうで・・

ちょっと味見・・

とっても柔らかくて美味しかった・・

でね・・

お漬物でなく下田茄子が売ってたんです・・

下田茄子は擦れるだけで傷がつくので地元でしか

食べれない貴重なお品だそうです・・

手の中に入ってしまうくらい小ぶりのお茄子です・・

自宅で味噌田楽にして食べました・・

美味しかったぁ・・


o(*^▽^*)o~♪





  1. 2019/11/07(木) 15:07:22|
  2. ちょっとおでかけ・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

検診の後にぶらり・・



10月2日のことですが

私の・・OP後・・検診に高槻の第一東和会病院まで

診察は予約制ですので午前中にはおわります

終わったあと・・

クマさんが行きたいと行っていた近江八幡の八幡堀へ・・

病院から高速道を通って約1時間・・

着いたのは1時過ぎ・・

お腹が空いていたので















手打ち蕎麦の・・日牟禮庵さん・・へ・・

元廻船問屋の邸宅で営む蕎麦やさん・・

営業時間:11:00~14:30 ※蕎麦がなくなり次第閉店

だそうです・・

中に入ると

店員さんがまだ少しありますよと・・

私達が入った後のお客さん・・

大盛りの卸し天ぷら蕎麦を注文していたけど

大盛りはもう出来ませんと言われてました・・

お店の中に入るとお庭が素晴らしくて・・

店員さんにお声をかけて写真を撮らせていただきました・・

築200年以上になるお屋敷だそうで

江戸時代に建てられた主屋と大正時代に建てられた座敷

離れなど計7棟からなり登録文化財に指定されています・・

今年は暑かったのでまだ夏仕様の襖でした・・

入れ替えるのが遅くなっているとおっしゃってました

私たちは天ぷらそばの冷たいの・・

このお店のお蕎麦は

信州八ヶ岳の石臼挽き粉のお蕎麦だそうで・・

のど越し抜群・・

昆布とカツオのお出汁もお蕎麦によくあってて

とっても美味しかった・・

ここから車で10分ほどの日牟禮八幡宮へ移動・・
















日牟禮八幡宮

平安時代の創建とされる神社で

中世以降は近江商人の守護としても厚く信仰されてきました
















手水舎で手と口を清めます・・

拝殿の横に鳩が・・

金の鳩は金婚式の際に夫婦が寄贈したとか

カップルで撫でるとご利益があるそうです・・

鳩は八幡神社の神の使いといわれています・・

神の使いは動物の姿を借りて現れるとされていて

稲荷神社のキツネ・八幡神社のハト・春日大社のシカ・・

日吉神社のサル・熊野大社のカラスとなっています・・
















能舞台

1899年に日牟禮神社の能楽「ひむれもうで」が完成し

この舞台で初演されたそうです

観世流の能楽だそうです・・

















日牟禮八幡宮の本殿・・

参拝者はこの長い石畳を歩いて参拝をします

ご祭神は

誉田別尊(ほむだわけのみこと)・・

息長足姫尊(おきながたらしひめのみこと)・・

比賣神(ひめがみ)です・・

日牟禮八幡宮は近江商人の守護神として崇拝されてきました
















天満宮

むかって右が宮比神社でご祭神は天宇受賣命・・

真ん中が天満宮でご祭神は菅原道真公・

天満宮といえば牛さん・・・

向かって左が常盤神社で

ご祭神は天照大神・豊受大神・熱田大神・津嶋大神・・
















ガイドブックに

楼門には猿の彫刻が施され

くぐると災難が去るといわれている・・と・

ぐるっと回って調べてみたけど

さる???これがそうなんでしょうか・・


;;;;(;・・)ゞウーン



続く



  1. 2019/11/05(火) 15:21:05|
  2. ちょっとおでかけ・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ブロ友さんと宮島へ・・




みゃ~おんさんと別れた後

ぴあちゃんの車で向かったのは今夜のホテル・・

安芸グランドホテル・・
















お部屋から大鳥居の見えるお高い部屋をとってくれてたのに

テラスに出て探しても大鳥居が見えません・・

ぴあちゃんは

何度も厳島神社に来てるから大鳥居のある方向がわかります

あそこなんじゃけど・・

と言いながら目を凝らして探してみたけどない・・

夕食は19時から日本料理「厳島」で・・

まずはビールで

(ノ゜▽゜)ノ ☆:*:・おつかれさま・:*゜☆

どのお料理も薄味でとっても美味しかった・・

特に豆乳鍋の豚肉が甘くて


(゜∇^d) グッ!!


ゆっくり食事を楽しんだ後は

平安の湯で疲れを癒やして・・

部屋に戻る前にしっかり冷えた缶チューハイをゲット・・

よる遅くまでお喋りをして爆睡・・

翌朝・・

窓の外を見ると本降りの雨・・















何度もテラスにでて大鳥居を探したのですがみえません


ナイ!! ◇ミ\(°ロ°\)三三(/°ロ°)/ミ◇ ナイ!!


それらしきところには白い建物が・・赤い矢印のところ

後でわかったのですが

大鳥居は修復中ということで・

画像の白い建物が大鳥居だったの・・

せっかくお高い部屋とってくれたのに・・

ぴあちゃん・・

これなら意味ないね・・って気にしてくれる

そんな時・・

ぴあちゃんが・・ポットさん・・9時20分!!朝食何時までだっけ?


エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?・・確か9時30分までだったと・・

私・時間を全く見てませんでした

うかつでした・・

大慌てで朝食のレストランに・・

すでに誰もいなくて片付けをしてるとこでしたが

なんとか朝食を食べることができたけど食べた気がしなかった・

部屋に戻ると荷物を整理してチェックアウト・・

車はホテルに置かせていただいて

ホテルの送迎バスで宮島口まで移動です
















大鳥居・・

こんな感じでした・・

大潮だったので雨が降ってなければ歩いて大鳥居のところまで

行けたのに残念・・















厳島の鹿は「神の使い」である「神鹿」(しんろく)と

呼ばれています・・

鹿さんもなるべく雨にあたらないところをみつけて

じっとしています・・

修学旅行の学生や海外からの観光客でいっぱいです

厳島神社は以前クマさんとはいったし・・

大鳥居も見えないしでスルー・・
















大聖院

ぴあちゃんがいつもお参りするという大聖院へ・・

以前クマさんと来たときには気がつかなかったから

とっても嬉しい・・

宮島に多数ある寺社の中でもっとも古いものだそうです

真言宗御室派の総本山で空海が弥山で修行し

開基したという言い伝えがあります

嚴島神社から歩いて5分ほどのところに

表玄関の仁王門や本坊などがありますが

その上の弥山中腹〜山頂までお堂が点在しています

1200年もの間

守り続けられている霊火堂の「消えずの火」は

平和記念公園にも移されているそうです・・

ぴあちゃんが空海様はお堂の裏にお祀りされてるんだよと

教えてくれ・・

お堂の裏側にまわってしっかりお参りしてきました・・
















お昼はぴあちゃんがここに来ると入るというお店

牡蠣屋さんで・・

最初にでてきた焼き牡蠣が

めっちゃ大きくて美味しかったぁ・・・

勿論・・

牡蠣が美味しいからどのお料理も美味しくて

大満足・・

ぴあちゃんがご飯の量が少なくなってるって言ってたけど・・

お腹いっぱい・・

フェリーに乗って戻ることに・・

ホテルのお迎えのバスに乗る前に

美味しい穴子のお店「うえの」さんへ・・

ぴあちゃんが穴子めしならここが一番って勧めてくれたお店・・














あなごめし弁当を

クマさんとノブの夕食用にお買い上げ・・

出かける前にクマさんに穴子飯いる?って聞いたら

いる・・って言ってたから喜ぶな・・


=^-^=うふっ♪



続く・・





  1. 2019/10/30(水) 20:50:03|
  2. ちょっとおでかけ・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ブロ友さんに会いに・・



10月23日の事・・

ブロ友さんのみゃ~おんさんぴあちゃんに会いに

山口まで新幹線で・・

久しぶりに会ったみゃ~おんさん・・

全く変わらずかっこいい・・

ぴあちゃんはみゃ~おんさんのお家へ車で直接きました

コーヒーをいただくと

お約束のグリガデさんへ・・













店長さんイチオシのバラが

画像の白玉・・

可愛らしいカップ咲きから

ロゼット模様の花びらが顔をのぞかせながら咲くバラ・・

なんとも愛らしいバラ・・















途中のお店でランチ・・

朝が早くてコーヒーを飲んだだけだったので

お腹ペコペコ・・

色々と悩んだ末・・

三人とも同じものを・・

しらすご飯が美味しかったぁ・・・

完食!!

ぴあちゃん・・お刺身残してる・・

(゜O゜;アッ!

ぴあちゃん・・生のお魚苦手だったの忘れてた・・

私の天ぷらと交換してあげたら良かった・・

すっかり忘れてしまって

人( ̄ω ̄;) スマヌ

食事の後はぴあちゃんがみゃ~おんさんにお願いしていたという

石庭のある漢陽寺へ・・















大本山南禅寺別格地で山口県下屈指の名刹だそうです

開基は応安7年(1374)大内弘世のとき

名僧用堂明機禅師によって建立されたそうです・・

立派なお寺です・・















山門をはいると

鯉が沢山泳いでいました

お水が澄み切っててとっても綺麗です・・















素晴らしくお手入れの行き届いたお庭です















廊下をぐるっと取り巻くように石庭があります















ここから澄み切った綺麗なお水が流れています・・

お水の流れる音で癒やされて・・

凛とした空気で心が洗われたように感じます























本尊は聖観音菩薩で

両脇に不動明王・毘沙門天が安置されています・・

住職さまにお声をかけてお礼をいい

帰ろうとしたときに・・

まだ未公開のお庭をご覧になりますか?

とお声をかけていただきました

そのお庭が・・















来年のオリンピックに向けてのお庭らしく・・

市松模様のモダンなお庭でした

色の濃い砂は

京都の鞍馬から運んできた天狗砂という貴重な砂だとか・・

画像の左側にもお部屋があって

廊下でぐるっと回れるようになっています・・

たくさんあるお部屋から見える風景は

違って見える工夫がされてるそうです・・














みゃ~おんさんがケーキ屋さんへよってくださって

好きなの選んで・・と・・

遠慮なく

さつまいものケーキ(左)がぴあちゃん・・

私は真ん中のマンゴーケーキ・・

みゃ~おんさんは・・右だけどなんだっけ・・

美味しいケーキを頂いたあとは

みゃ~おんさんに別れを告げて・・

私とぴあちゃんは宮島に移動

今夜は二人でホテル泊まりです・・


続く・・




  1. 2019/10/27(日) 20:27:13|
  2. ちょっとおでかけ・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ

プロフィール

teapottok

Author:teapottok
生活も身体もスリムがいいなぁ・・
元気と笑顔が取り柄です・・

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

English English得袋.com

黒ねこ時計 くろック E01

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (2827)
お花の画像 (870)
世界遺産 (749)
母 (46)
我が家の庭 (18)
家族 (259)
食べたものの画像 (668)
虫 (7)
虫、生き物 (16)
リフォーム (86)
お洒落 (43)
海外旅行 (34)
ちょっとおでかけ・・ (68)
クマさんの畑 (17)
納屋の建て替え (26)
掃除・・おかたづけ (4)
家電 (17)
運動 (14)
健康・病気・・ (47)
こんなの買っちゃった (1)
旬・シュン・しゅん♪ (3)
くらしを楽しむ (2)
つぶやき (2)
国内旅行 (4)
スマホ (2)
旬・しゅん・シュン・・ (1)
薪ストーブ (1)
手編み (1)

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR