FC2ブログ

のんびり・ゆっくり・・

ゆったりと生活しませんか・・

オーストラリア3000km縦断の旅・・(6)




ウルルへ登山するには

以下の条件が1つでも当てはまると登山禁止になります

・最高気温が36度以上の予報が出たとき
・風速25ノット以上の強風が吹いているとき
・雨が降っていたり表面が濡れていたりするとき
・雷が予報されるとき
・頂上付近が雲に覆われているとき
・アボリジニの文化的理由や儀式があるとき

ここ数年の登山解禁日は年100~150日・・

登頂確率が平均30.8%という低さです
ちなみに登山率が高いのは5~8月でそれでも40~50%くらい

さらに登山ができる時間も限られています

【3月〜11月】午前7:00~午後5:00
【12月〜2月】午前6:30~午前8:00

真夏は朝のみ!暑すぎるのでしょう・・

2019年10月26日からは正式に登山禁止となります・・

エアーズロックは
もともとオーストラリア先住民アボリジニの聖地でしたが
オーストラリア大陸に入植したイギリス人により略奪・・

その後
白人によるアボリジニに対しての迫害が起こり
エアーズロックも
長いあいだ返還されることがありませんでしたが
1985年にようやく返還されました
1985年以後は賃貸契約を結ぶ形で
引き続きオーストラリアが観光地として管理しています

ウルルへの登頂が禁止となった理由は2つ・・

1つ目は

聖地をけがす行為にアボリジニが難色を示したため
観光客が多くなると
どうしてもゴミの不法投棄や落書きが増えます
トイレもないので糞尿をする人も・・

また
毎年のように登山中に観光客が落ちて亡くなっていました
1950年代以降
少なくとも37人がウルルの登山中に亡くなっています
最近では2010年に死亡事故が発生しています

2018年7月には日本人男性(76歳)が登っている途中で倒れ
ヘリコプターによって近くの医療センターに運ばれたものの
そこで死亡が確認されたそうです・・(病死だったようです)

もう1つは登る人が年々減ってきたため・・

昔と比べると
現在は登頂者が3分の1程度に減ってきたようです
これらの要因により
先住民などで構成する運営委員会により
全会一致で登頂禁止が決定しました














ベースウォーク

エアーズ・ロックにはセイクレッドサイトと呼ばれる

アボリジニにとって歴史的な重要な意味をもつ場所が

いくつかあり

立ち入ることや写真撮影が禁じられています

ベースウォークのルート上にその旨指示が書いてありました

登山口が閉まっていたので私達は

ベースウォークを歩くことに















画像上がウルル全体の地図・・

マラウォークは地図で見ると左上のエリアで

片道1km程度・・1時間くらいで往復できます・・

ここには「マラ族」の生活した洞窟があるので

「マラウォーク」と・・















Teaching Cave(教室)

何世代にもわたりアボリジニ(アナング族)の長老たちが

この洞窟で生き残りの方法を教えました















手前の白いものはオリーブの葉

奥のニョロニョロのような手を広げたものは

トカゲと言われています・・















The Men’s Cave(男性の洞窟)
















岩の模様が人が並んでいるように見えます

男たちはここで儀式の準備などをしていたようです
















The kitchen cave(台所の洞窟)

女性はブッシュから食べ物を採取し

ここに戻って

女の子や小さな子供と過ごしながら調理していたようです


















天井の所々にゴツゴツした塊が見えます

水で溶け出した岩の石灰分で形成された鍾乳石のようなもの

でしょうか・・

ここにも壁画が描かれています・・

















ここで一人旅をなさっている日本人女性と出会いました

笑顔がとっても素敵な方でした・・

















Old people’s cave(長老たちの洞窟)

天井が黒くすすけているのは

長老たちが囲んだ焚き火をしたあとでしょうか・・

長老たちは男たちの儀式の間

ここで休みながら女性や子供が儀式の場に入らないように

見ていたそうです・・


















Oさんご夫婦とクマさん・・

ウルルの大きさがわかりますね・・

















Kantju Gorge(カンジュの滝)

マラウォークで最後に見えてくるのは「カンジュの滝」

ここは貴重な水場として使われていたそうです

近くで見るとかなりの高さがありました

カンジュ渓谷の水はマラ族だけでなく

動物たちにとっても貴重な水場とのこと

ここに水を求めてやってくるエミューをマラ族は狩ったそうです

カンジュの滝を見た後は来た道を引き返し

駐車場まで戻ります



























9時05分・・

駐車場まで戻ってきました

これからエアーズ・ロックリゾートに戻り・・

朝食です・・


続く・・



スポンサーサイト



  1. 2019/07/24(水) 19:59:23|
  2. 世界遺産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<オーストラリア3000km縦断の旅・・(7) | ホーム | オーストラリア3000km縦断の旅・・(5)>>

コメント

エアーズ・ロックに登るのは難しいのですか♪

 簡単に考えていました…登れる条件、厳しいのですね…登れるは「幸運」と言う事なんですね…岩から滝…凄い大きさが想像されて♪
  1. 2019/07/26(金) 08:22:46 |
  2. URL |
  3. ひでわく #oyUv4a/.
  4. [ 編集 ]

(*´∇`)ノ こんばんは~

ひでわくさん

なかなか入り口が開かないんです

7月~9月は比較的開きやすい時期です・・
  1. 2019/07/27(土) 19:29:57 |
  2. URL |
  3. teapotto #j8FWC2bE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teapottok.blog.fc2.com/tb.php/5799-660b2bc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

teapottok

Author:teapottok
生活も身体もスリムがいいなぁ・・
元気と笑顔が取り柄です・・

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

English English得袋.com

黒ねこ時計 くろック E01

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (2833)
お花の画像 (875)
世界遺産 (779)
母 (46)
我が家の庭 (19)
家族 (259)
食べたものの画像 (680)
虫 (7)
虫、生き物 (16)
リフォーム (86)
お洒落 (44)
海外旅行 (34)
ちょっとおでかけ・・ (70)
クマさんの畑 (19)
納屋の建て替え (26)
掃除・・おかたづけ (5)
家電 (19)
運動 (14)
健康・病気・・ (51)
こんなの買っちゃった (1)
旬・シュン・しゅん♪ (4)
くらしを楽しむ (3)
つぶやき (2)
国内旅行 (4)
スマホ (2)
旬・しゅん・シュン・・ (3)
薪ストーブ (1)
手編み (1)
手作り (1)

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR