FC2ブログ

のんびり・ゆっくり・・

ゆったりと生活しませんか・・

ドイツの旅・・(3)




木骨の長い廊下をギシギシ音をたてながらすすむと

ルターの間・・

483年アイスレーベンの農家の家系に生を受けたルターは

一度は学問の道を志したのですが22歳の夏

落雷に遭って死の恐怖を味わったことで

修道士の道を歩み始めます。

そんなルターは

「これを買うことで生まれもった罪や犯した罪を

償うことができる」として贖宥状(免罪符)を販売していた

教会のあり方に疑問を抱くようになり・・

「聖書に書かれていることのみを信仰とすべきだ」と・・

修道士の身でありながら

カトリック教会の贖宥状制度を批判

これが

1517年にヴィッテンベルクの教会の門に打ち付けられた

「95か条の論題」でした

カトリック教会はルターに自説を撤回するよう求めましたが

ルターはそれを断固拒否

1521年・教会を破門されます


















さらに

ヴォルムス帝国議会で

神聖ローマ皇帝カール5世に召喚を受けた際も

「聖書に書かれていないことを認めるわけにはいかない」と

自説の撤回を拒否したために帝国追放を宣言されます

この決定が下される直前にルターはヴォルムスを去り

ザクセン選帝侯フリードリヒ三世の元へ身を寄せます

フリードリヒはルターをヴァルトブルク城へ匿います

ルターは

ユンカー・イェルク(騎士ゲオルク)」の偽名を使い

外見を変えるために髭や髪を伸ばし

1521年5月4日~1522年3月1日まで

質素な小部屋で過ごしました

ルターが過ごした小部屋は

かつて軽い罪を犯した者の監獄だったそうです

















ここでの生活は精神的な試練であった一方

思索と著作に専念できる環境でもありました

ヴァルトブルク城の一室に身を隠していたあいだ

ルターはギリシア語のオリジナルテキストを元に

わずか10ヵ月で新約聖書のドイツ語訳を完成させたのです

1522年3月

ルターはヴァルトブルク城を後にし

同年9月にはすでにドイツ語の新約聖書の初版が

さらに12月には改訂版が発行されました

神聖ローマ帝国の人口およそ1500万人の大半が

読み書きのできなかった時代

ルターの聖書は100万部も印刷され

空前のベストセラーになったそうです・・

民衆が理解できる表現を心がけたルターの聖書は

「ドイツ民族の第一の書物」とみなされるまでになり

近代ドイツ語の統一に大きな影響を与えたといわれています

ルターの部屋は城の北端にある小さな部屋で

ストーブ脇の壁が剥がれて石がむき出しに・・

長い年月で朽ち果てたのかと思ったら

観光客が剥がして持ち帰ってしまったとか

言い伝えによると

ルターが聖書を翻訳している時に悪魔が現れ

驚いたルターはインク壺を投げつけた・・

悪魔は消えたのですが

その時のインクの染みが壁に残ったそうです

これは伝説上の話ですが

観光客がそれらしきシミのある壁を剥がして

持ち帰ったそうです・・

剥がしたい気持ちは判らなくもないですが

呆れた行為ですね

今はロープを張って入れないようになっています・・


















集合は下のバスのところ


















見晴台から下まで降りるシャトルバスが

ちょうど上がって来たところだったので

シャトルバスに乗っておりました

凄い急坂で・・


ヾ(li゜ω`)ノ怖過ぎぃ!!!!


あっという間にしたに・・


















歩いて登るには

右側の坂を登るか・・

左側の階段を登るかします・・

















クマさぁ~~~ん・・

こっち向いてぇ・・・


(≧∇ノ■ゝハイ、チーズ♪


ヴァルトブルグ城とはここでお別れです・・


続く・・



スポンサーサイト



  1. 2019/03/08(金) 20:38:24|
  2. 世界遺産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ドイツの旅・・(32) | ホーム | ドイツの旅・・(30)>>

コメント

ルターの間

 一意専心の間だったのですね…志を持った人は強く生きられるものです…しかもそれを広げる書にしたためる…頑固者の部屋らしい佇まい…ドイツ人ですね(笑)♪
  1. 2019/03/09(土) 06:53:53 |
  2. URL |
  3. ひでわく #oyUv4a/.
  4. [ 編集 ]

(○´∀`)ノ゙こんにちゎ★

ひでわくさん

ルター

凄い方です・・

カトリック教会の贖宥状制度を批判

できることではありませんね

  1. 2019/03/09(土) 16:28:32 |
  2. URL |
  3. teapotto #j8FWC2bE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teapottok.blog.fc2.com/tb.php/5751-add77296
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

teapottok

Author:teapottok
生活も身体もスリムがいいなぁ・・
元気と笑顔が取り柄です・・

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

English English得袋.com

黒ねこ時計 くろック E01

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (2833)
お花の画像 (875)
世界遺産 (779)
母 (46)
我が家の庭 (19)
家族 (259)
食べたものの画像 (681)
虫 (7)
虫、生き物 (16)
リフォーム (86)
お洒落 (45)
海外旅行 (34)
ちょっとおでかけ・・ (70)
クマさんの畑 (19)
納屋の建て替え (26)
掃除・・おかたづけ (5)
家電 (19)
運動 (14)
健康・病気・・ (51)
こんなの買っちゃった (1)
旬・シュン・しゅん♪ (4)
くらしを楽しむ (3)
つぶやき (2)
国内旅行 (4)
スマホ (2)
旬・しゅん・シュン・・ (3)
薪ストーブ (1)
手編み (1)
手作り (1)

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR