FC2ブログ

のんびり・ゆっくり・・

ゆったりと生活しませんか・・

ドイツの旅・・(26)












エリザベートの間

外観は質実剛健な印象のヴァルトブルク城ですが

内部には豪華絢爛な世界が広がっています

目もくらむばかりの色鮮やかなモザイクに目を奪われるのが

エリザベートの間です


















エリザベートとは

ハンガリーから

この地に嫁いできたエリザベート妃を指します

4歳の時にテューリンゲン方伯で

ルートヴィング家のルートヴィヒと婚約し

テューリンゲンに連れて来られました

当初の婚約者に目されていたヘルマンが若死にしたため

その弟のルートヴィヒが婚約者となったそうです

















1221年に14歳でルートヴィヒ4世と結婚

仲睦まじく幸福な結婚生活を送り三児をもうけました

1223年頃に

最初のフランシスコ会修道士がテューリンゲンを訪れ

エリザベートは

アッシジのフランチェスコの教えに触れて

信仰心をあつくしたそうです

エリザベートが宮廷を抜け出して

当時忌み嫌われた

ハンセン病患者の救済に従事して非難されたとき

ルートヴィヒ4世は妻を庇ったそうです・・

その後

夫であるルードヴィヒは

1227年に第6回十字軍に従軍中に疫病のため亡くなり

20才の若さで未亡人となりました

長男のヘルマンはまだ5歳だったため

ルートヴィヒ4世の弟ハインリヒ・ラスペが

テューリンゲンの摂政となり

未亡人の

化粧料(中世に女性が生前に許された相続財産)の

取り扱いをめぐってハインリヒあるいは姑に疎まれ

ヴァルトブルク城を追われたそうです



















1228年に夫の遺骨を修道院に埋葬した後

師父であるコンラートのいるマールブルクに赴き

聖フランシスコ会に入会してテューリンゲンから

化粧料の代金として受け取った2000マルクを寄進し

マールブルクに病院を建設して貧民・病人のために尽くしました

コンラートによる厳しい監督・監視の下・・

エリザベート自身も貧民のような生活をしたそうです

娘ゲルトルートは

2歳のときにエリザベートから引き離されて修道院に・・

その後・・

1231年に24才の若さで亡くなりました


















高貴な身分でありながら

貧者や病人の救済に尽くした彼女は

病気の治癒で奇跡を起こしたとして

1235年に聖人に列せられます・・

















エリーザベトはテューリンゲン・ヘッセン・未亡人・・

病人・パン焼き職人・織師の守護聖人として信仰されています

マールブルクには巡礼が絶えず

町は経済的に栄えヘッセンの中心都市と・・


















そのエリザベートの名を冠した部屋がここなのです


















城を出てからは貧しく

つましく生活していたといわれていますが

この部屋はそんなエリザベートのイメージとは真逆の

豪華絢爛な金色の部屋!



















アーチ状の天井がとくに美しかったです・・


















もともとこの部屋には

ロマネスク風の歴史画が描かれていましたが

ヴィルヘルム2世の命によって

1902年から1906年にかけて

エリザベート妃の生涯を表すモザイクで装飾されたそうです・・



続く


スポンサーサイト



  1. 2019/02/25(月) 21:07:00|
  2. 世界遺産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ドイツの旅・・(27) | ホーム | ドイツの旅・・(25)>>

コメント

アーチの天井画が素晴らしい~
エリザベート・・名前は聞いたことが・・
意外と知らない・・今回良くわかりました。
  1. 2019/02/26(火) 14:17:06 |
  2. URL |
  3. shioko #-
  4. [ 編集 ]

(*´∇`)ノ こんばんは~

shiokoさん

私もお名前くらいしかしりませんでした

今回しらべれみると

凄い方でした
  1. 2019/02/26(火) 17:38:48 |
  2. URL |
  3. teapotto #j8FWC2bE
  4. [ 編集 ]

エリザベートさん

 絢爛豪華な室内装飾の理由がよく分かりました…中世の時代に弱い人々の援助をし…最後は貧しい生活を送る…そんな方がいらっしゃったのですね…今の日本の政治家に聞かせてあげたい話です(苦笑)♪
  1. 2019/03/01(金) 19:16:56 |
  2. URL |
  3. ひでわく #oyUv4a/.
  4. [ 編集 ]

(*´∇`)ノ こんばんは~

ひでわくさん

凡人には信じられないようなことをなさった方だそうです

城から抜け出して食べ物をもっていったのに

城から追い出されると

汚物の中につきおとされたとか・

それでも微笑んで普通に洗濯したという話も・・

凄い方がいらしたものです

  1. 2019/03/01(金) 19:31:56 |
  2. URL |
  3. teapotto #j8FWC2bE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teapottok.blog.fc2.com/tb.php/5745-e6399b0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

teapottok

Author:teapottok
生活も身体もスリムがいいなぁ・・
元気と笑顔が取り柄です・・

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

English English得袋.com

黒ねこ時計 くろック E01

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (2833)
お花の画像 (875)
世界遺産 (779)
母 (46)
我が家の庭 (19)
家族 (259)
食べたものの画像 (680)
虫 (7)
虫、生き物 (16)
リフォーム (86)
お洒落 (44)
海外旅行 (34)
ちょっとおでかけ・・ (70)
クマさんの畑 (19)
納屋の建て替え (26)
掃除・・おかたづけ (5)
家電 (19)
運動 (14)
健康・病気・・ (51)
こんなの買っちゃった (1)
旬・シュン・しゅん♪ (4)
くらしを楽しむ (3)
つぶやき (2)
国内旅行 (4)
スマホ (2)
旬・しゅん・シュン・・ (3)
薪ストーブ (1)
手編み (1)
手作り (1)

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR