FC2ブログ

のんびり・ゆっくり・・

ゆったりと生活しませんか・・

ドイツの旅・・(17)



2018年10月20日(土) 快晴


いつものように目が覚めるとカーテンを開けて

お天気チェック・・












窓からは路面電車の走る姿が・・

ホテル出発8時55分

町全体が旧市街のドレスデン観光です

ドレスデンはドイツ東部きっての人気観光都市で

最大の見どころがエルベ川沿いに建ち並ぶバロック建築群

その美しさは「エルベのフィレンツェ」と称されるほど

この基礎を築いたのは

ドレスデンがザクセン王国の首都だった全盛期

ザクセン - ポーランド王だったアウグスト1世

その偉業や武勇伝から

ライオンのミルクで育った力持ちで、女性にモテて側室が360人以上もいたとか!

アウグスト強王とも大王とも呼ばれたそうです

ドレスデンの街は第二次世界大戦の大空襲で

ほとんどが破壊されてしまいましたが

戦後長い期間をかけて原型に忠実に再建されました













車窓からエルベ川と旧市街がみえてきました

バスを降りて

まず見えてきたのが














ザクセン州立歌劇場

ゼンパー・オーパの愛称で親しまれているここで

ガイドさんと待ち合わせです

ゼンパー・オーパは

この立地に建てられた3代目の歌劇場です

1841年に建築家ゴットフリート・ゼンパーの設計により

建設されましたが1869年に劇場が火災で焼失

その後再建されるも

1945年にドレスデン爆撃により大きな被害を受けました

1985年に再度復興され現在の姿に・・

現在でも世界屈指のオペラ歌劇場として

8月をのぞきオペラ・コンサート・バレエなどが毎日開催され

世界中の人々から愛されているそうです・・














お天気が良すぎて

逆光・・

設定をし直したいけど

ガイドさんはどんどん進んでいきます














ツヴィンガー宮殿













大きな門をくぐって中に入ると

素晴らしい中庭がひろがっています














ツヴィンガーは

もともと市の城壁を拡張した際に

以前の古い城壁と新しい城壁の間に生じた場所を意味します

12世紀に形成されたドレスデンの城壁は

15世紀に拡張され

その際に生じた新たな用地がツヴィンガーと呼ばれ

居城付近は庭園に利用されていました

その後

1569年に入ると城壁の整備が開始され

後にツヴィンガー宮殿が建設される用地の輪郭が

居城そばに姿を現しましたが

まだ庭園としての利用に止まっていました















1694年にザクセン選帝侯となった

フリードリヒ・アウグスト1世(アウグスト強王)が

ツヴィンガーに宮殿を建築・・

当時のドレスデンは木造建築が主体で

1687年から1689年にかけて

フランスやイタリアを旅行してきたアウグスト強王には

時代にそぐわないものに見えたそうで

居城そばの庭園に

石造の宮殿を建築することが計画されました

1709年に宮殿の計画に着手・・

まず敷地が整備され

1711年に建築が開始されました

設計を中心的に担ったのがダニエル・ペッペルマンで

着工を控えた1710年に命を受けて

プラハ・ウィーン・フィレンツェ・ローマへ旅行し

さらに

1715年にはパリのベルサイユ宮殿を見学に訪れています

こうして

1732年にドイツバロック建築の最高傑作といわれる

ツヴィンガー宮殿が完成しました













フリードリヒ・アウグスト1世に続き

1733年に選帝侯となったフリードリヒ・アウグスト2世は

ツヴィンガーのエルベ川寄りにホフ教会を建設し

ツヴィンガーの建築群をさらに広げ

19世紀に入ると宮殿を補修し

選帝侯が収集してきた美術品収集の場として利用するための

整備が行われました













1948年に爆撃で破壊されたツヴィンガー宮殿・・

その後も

ツヴィンガーの建築群を維持するための作業が続けられましたが

第二次世界大戦におけるドレスデン爆撃で

ツヴィンガーの建築群は大きな被害を受けました

戦後

補修が開始され1951年には中庭が利用され

1963年にはほぼ戦前の姿を取り戻しましたが

ゾフィー教会は1962年に取り壊されています

2002年には

エルベの水害により再び甚大な被害を受けています













噴水と芝生が美しくデザインされた

広い中庭を囲む宮殿の建物の一つに

マイセン焼きのカリヨンを配したものがあります













時計の左右に列をなしてぶら下がっているのがそれです

毎正時と30分に

このカリヨンが美しい音色を響かせてくれます・・

鐘の音・・

あの美しい音色が

今でも耳の奥に残っています・・


続く






スポンサーサイト
  1. 2018/12/15(土) 21:26:13|
  2. 世界遺産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ドイツの旅・・(18) | ホーム | ドイツの旅・・(16)>>

コメント

修復できる資料が管理される国

 これだけの遺産を壊れてもちゃんと元に戻す…ドイツ人の汗と知識に拍手です…手は大きな民族ですが何となく私達と気が合うのはそんな所かも知れません…しかし雄大な遺産で是非、訪れてみたい場所に♪
  1. 2018/12/16(日) 09:52:15 |
  2. URL |
  3. ひでわく #oyUv4a/.
  4. [ 編集 ]

o(*'▽'*)/☆゜’オハヨウゴザイマス♪

ひでわくさん

ドイツ

いいですよ

できれば十分な時間をとってがおすすめです

今回は強行で時間があまりにもなくて

後ろ髪惹かれること多々でした
  1. 2018/12/16(日) 10:22:58 |
  2. URL |
  3. teapotto #j8FWC2bE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teapottok.blog.fc2.com/tb.php/5713-245c49b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

teapottok

Author:teapottok
生活も身体もスリムがいいなぁ・・
元気と笑顔が取り柄です・・

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

English English得袋.com

黒ねこ時計 くろック E01

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (2820)
お花の画像 (869)
世界遺産 (709)
母 (46)
我が家の庭 (15)
家族 (256)
食べたものの画像 (653)
虫 (7)
虫、生き物 (16)
リフォーム (86)
お洒落 (39)
海外旅行 (34)
ちょっとおでかけ・・ (55)
クマさんの畑 (15)
納屋の建て替え (26)
掃除・・おかたづけ (4)
家電 (15)
運動 (14)
健康・病気・・ (44)
こんなの買っちゃった (1)
旬・シュン・しゅん♪ (1)
くらしを楽しむ (2)
つぶやき (2)
国内旅行 (4)
スマホ (1)

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR