FC2ブログ

のんびり・ゆっくり・・

ゆったりと生活しませんか・・

バルト三国の旅・・(11)











大聖堂

車窓からだから色がいまいちですね・・

大聖堂のあるカテドゥロス広場











ヴィリニュスの中心に立ち

ヴィリニュスのシンボルともされる主教座教会です

もともとこの場所には雷(ペルクーナス)を祀る神殿が・・

最初の教会は13世紀に十字軍騎士団の圧力から逃れるため

キリスト教を受け入れたミンダウガス王によって

建てられました

ミンダウガス王は智勇に優れた名君でしたが

猜疑心が強い一面があり

その反動から一族や重臣を粛清することも少なくなかったようで

その恨みにより1263年・暗殺され・・

この場所も自然崇拝の聖地に戻されました

しかし1387年にヨガイラ公によって

リトアニアは再びキリスト教化され教会が建て直されました

後に大聖堂の地下から最初の教会跡が発見されましたが

ロマネスク様式だったそうです

15世紀の火災後

リトアニアを最盛期に導いたヴィタウタス公が改築し

以降・歴代の大公の戴冠式がここで行われていたようです

旧下の城(大公居館)と大聖堂とは

屋根つき廊下でつながっていたそうです

大鐘楼は

当時の下の城の城郭の跡に建てられています

大聖堂はその後も王家の力で改築が繰り返され

その時代に応じて

ルネッサンス様式・・バロック様式と・・

現在の6本のドーリア式円柱をもつクラシック様式の建築は

18世紀の大改築によるものです













正面の屋根にある

聖スタニスラウス・聖ヘレン・聖カジミエルの3聖人の像は

ソビエト時代の1950年に撤去されましたが

市民の強い要望により1996年に再び設置されました

教会前の広場にあるプレート(右下画像)

中心に踵だけを付けてくるりと3度回ると願いが叶うそうです

この足型(左下画像)は

1989年8月23日に独立運動の一環として実施された

「人間の鎖」の起点になった場所で・・

バルト3国の人口の半分がこの運動に参加し

この石からエストニアの首都タリン(約600キロ)まで

200万人の「人間の鎖」がつながったのだそうです

この運動が世界で取り上げられ

国際社会で知られるところとなり

1991年に3国ともに独立・・

人の力って凄い!

声を上げなきゃ何も変わらない・・んだよね・・













壮麗な古典主義様式の建築で・・

側廊との間にたつ清楚な柱には12使徒の絵が飾られています

このほか大聖堂側廊にはイタリア画家の絵が数多く展示されています













中央祭壇の柱はドリス式の大理石で

ファサードの柱と同じ姿です

また祭壇画は「聖スタニシラスの死」で作家は側廊柱の絵と同様

プランティクス・スムグレーヴィチェス

これらは

18世紀末の美術気風を反映したもので

西ヨーロッパに劣らぬすばらしいもの・・













祭壇を背にすると

パイプオルガンをみることができます

息をのむ美しさ・・













正面彫刻は

「隣人の愛」と名づけられたリッジの作品

クマさん必死でメモをとってくれてますね

ありがと・・













聖カジミエル礼拝堂

大聖堂の中には11のチャペルがあります

その中のひとつが聖カジミエルのチャペル・・

リトアニアの守護聖人となった

カジミエラス王子(1458~1484)が安置された

17世紀バロック様式の聖カジミエルの礼拝所です

母親はハプスブルグ家の

神聖ローマ帝国アルベルト2世の娘エリザベータ













大理石と砂岩で造られ

壁画は8体の王の像・漆喰彫刻・・

フレスコ画などで飾られています













正面に置かれた聖カジミエルの聖画・・

銀製の枠で飾られた聖カジミエルの絵には

3本の手を見ることができます

これを作った画家は現れた3本目の手を消そうと

絵の具で塗りつぶしました

しかし

少し経つと再び3本目の手が現れるのだとか

消しては現れ・消しては現れる手を

奇跡だと思った画家はそのまま残すことにしたそうです

柱にはいろいろなものが貼ってます

足が悪かった人がお祈りをして治ったことを感謝して付けたと・・













ちなみに

右手が2本・左手が1本です・・

右手の横にもう一つあるのがわかりますか・・













側面左側の絵画は

120年後に棺を開けた際に遺体に変化がなかったという

聖カジミエルの奇跡を描いたものです













側面右側の壁画は

聖人の棺のそばで少女スウラが死から蘇るという

奇跡が描かれています













この礼拝堂の4隅に

ピンク大理石のニッチ(壁を凹ませて彫像などを入れる場所)が作られ

中にはリトアニア大公とポーランド王(リトアニア・ポーランド共同国時代)の

8体の木彫の銀鍍金像が置いてます













ドーム天井

このような丸天井をクーポラといいます

四角な礼拝堂の上に8角形化粧リブで支えられ

窓の間の化粧漆喰の装飾が白く明るいため

少々暗めで重厚な感じの堂内を和らげる役割を果たしています

クーポラの下の扉上部に特別席があり

リトアニア大公とポーランド王は

大聖堂の裏側にあった下の城から屋根つきのパサージュを歩いて

大聖堂まで来て特別席で説教を聴いていたそうです・・













大聖堂の地下には墓室があり

見学できたようですが

時間がなかったからでしょうか・・

ガイドさんからの案内はありませんでした

見たかったぁ・・

残念・・













大聖堂広場には53mの高さの鐘楼があります

かつては「下の城」と呼ばれる王宮の防衛塔だったものが

1522年に鐘楼に改築され

2006〜2008年に修復されています

土台部分は13世紀の城壁の塔がつかわれています

その上に八角形の3階建ての塔が乗っています・・

下の二段がバロック様式・上の一段が古典主義様式で

ヴィリニュスで最も古い建造物のひとつです

カテドゥロス広場全体にもこの城壁の基礎部分が残っています













現在は城跡は残っていませんが

塀がめぐらされていた跡が敷石の色の違いで

城壁があったところが確認できます・・

わかりますか色の違い・・


続く・・





スポンサーサイト



  1. 2018/06/14(木) 20:40:08|
  2. 世界遺産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<バルト三国の旅・・(12) | ホーム | 嬉しいお届け物・・>>

コメント

200万人の「人間の鎖」♪

 凄い起点に足跡が今も…人の心が独立へ一致して動いた…何代も語り継がれた祖国復興の思い…ちゃんと古い建築物も残って…聖堂好いですね(笑)♪
  1. 2018/06/16(土) 08:37:42 |
  2. URL |
  3. ひでわく #oyUv4a/.
  4. [ 編集 ]

(○´∀`)ノ゙こんにちゎ★

ひでわくさん

みんなが行動すれば変わる・・
それをしっかり見てきました

日本人は駄目ですね・・
骨の髄までお上に逆らわないが染み込んで
  1. 2018/06/16(土) 11:15:55 |
  2. URL |
  3. teapotto #j8FWC2bE
  4. [ 編集 ]

3本目の手・・消しても現れる・・なんて~
凄いとしか言えません‥ミステリーでも
ありますね^^ 素晴らしいもの拝見させていただきました^^
  1. 2018/06/17(日) 05:07:53 |
  2. URL |
  3. shioko #-
  4. [ 編集 ]

(●゚∀゚)b*:..。o○ぉはょぅございます○o。..:*

shiokoさん

奇跡ってあるんですね
実際に目で見て感じて
これだから海外旅行がやめられません


  1. 2018/06/17(日) 08:55:54 |
  2. URL |
  3. teapotto #j8FWC2bE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teapottok.blog.fc2.com/tb.php/5636-d863d034
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

teapottok

Author:teapottok
生活も身体もスリムがいいなぁ・・
元気と笑顔が取り柄です・・

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

English English得袋.com

黒ねこ時計 くろック E01

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (2833)
お花の画像 (875)
世界遺産 (779)
母 (46)
我が家の庭 (19)
家族 (259)
食べたものの画像 (680)
虫 (7)
虫、生き物 (16)
リフォーム (86)
お洒落 (45)
海外旅行 (34)
ちょっとおでかけ・・ (70)
クマさんの畑 (19)
納屋の建て替え (26)
掃除・・おかたづけ (5)
家電 (19)
運動 (14)
健康・病気・・ (51)
こんなの買っちゃった (1)
旬・シュン・しゅん♪ (4)
くらしを楽しむ (3)
つぶやき (2)
国内旅行 (4)
スマホ (2)
旬・しゅん・シュン・・ (3)
薪ストーブ (1)
手編み (1)
手作り (1)

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR