FC2ブログ

タイへ孫に会いに・・(7)











大慌てで列車に乗り込んで

10時35分発の列車には

乗車証明書やクッキー・ドリンク付きの

ツーリスト車両が設けられているそうで

普通は100バーツのところ

ツーリスト車両は300バーツ

列車の時間・・30~40分遅れは当たり前だそうです・・


せっかくやから高い方にしといたよ・・


と・・












乗り込むと

座布団が敷いてます

テーブルもあるね・・

天井には懐かしい扇風機が全力で回っています

エアコンはなし・・











車窓から


(-p■)q☆パシャッパシャ☆












すぐに冷たいお水がでてきて

お水を飲んでいると・・

今度はスナックボックスが配られて・・

ボックスの中にはお水と缶ジュース・・

スナックが二種類・・

暑いところでは冷たいお水がごちそうです・・

2つ頂いたお水の1つは・・

長男のリュックに入っている保冷水筒につめかえて・・












乗車証明書もいただいたよ・・












トウモロコシ畑が続きます・・

クマさん・・

風をうけて気持ちよさそう・・

列車はかなりゆっくり進みます・・

まったりした列車の旅を楽しみます











駅に止まると

物売りのおばさんが列車の中に入ってきて

長男が

バナナチップを買ってくれました・・

これ・・

結構・・美味しいの・・












次の駅には

カラフルなバスが止まっています

ここで降りる方・

結構たくさんいました

左下の画像・・

逆光で見にくいけど

旗を降って合図してる方がいます












窓から下を見ると

歩いている方がぁ・・・・












さらに進むと


ウソ……(l|゚Д゚l|l)……ッ!!!


Σ(=゜ω゜=;) マジ!?




切り立った崖です・・・


ヾ(li゜ω`)ノ怖過ぎぃ!!!!













タムクラセー駅

約2時間ののんびりした旅・・

ここで私達は降ります・・

列車に


(=⌒ー⌒=)ノ~☆・゜:*:゜バイバイ゜:*:゜・☆ヾ(=⌒ー⌒=)


私達の姿を見つけたドライバーさん

飛んできて・・

こっちだよと道案内してくださった・・

長男・・


めっちゃ親切な人やなぁ・・

普通はしてくれへんで・・












レールの上を歩いて移動です・・

気をつけないとと思いながら慎重に歩いていたのですが

ちょっとよそ見して・・

足が線路の中にスボッ!とはまった!!


キャッ♪(*_Д_*【★ハズカシィ★】*_Д_*)キャッ♪



おかん・・大丈夫か?!

気ぃつけや・・



と長男が声をかけてくれて・・












タムクラセー駅から

アルヒル橋を30m程渡った所にあるタムクラセー洞窟

第2次世界大戦時にも利用されていて

病気になった人たちの保養所などにも使われていたそうです

奥に入ってみると


(; ̄y ̄)c●~~クサイ、、、


よく見るとコウモリの糞だらけ・・

真ん中右の画像に糞が写ってるでしょう・・

天井を見上げて

目を凝らしてみると

コウモリがたくさんぶら下がっていました

写真撮ったけど・・

真っ暗で写ってなかったな・・












その中には数体の仏像が安置されています

お線香をたてて

手をあわせてから

みんなでおみくじをひいて・・

日本と同じでガラガラ回して棒を出す

その棒に書いてある数字の所を読む・・

説明は英語とタイ語しかない・・

英語のほうを読んで見ると

あなたの運命は悲惨です
あくせく働くだけ働いて
孤独な生活を送るでしょう・・
傷つきたくないなら
結婚は諦めて他の幸せを求めてください



みたいな

長男・・


感謝して過ごしたらいいって書いてあるね・・


なんて言ってたけど

これは正直には言えんよねぇ・・

優しいね・・

なんとなくわかったで・・


ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆



クマさんは

あなたは明るく輝く月のようです
あなたの将来はとてもいい・・
素敵な伴侶を見つけるでしょう
この数字は金と同じくらい良いです
ただし・慎重で謙虚でなければなりません




(;・ω)あららららら


私と真逆やん・・

クマさんが私を選んでくれたから

私の運命はいい方に変わった・・

ということに・・しておこう・・


(= ̄∇ ̄=) ニィ











チョンカイの切り通し

ルートの選定上

やむを得ず高さ30mもある岩をくり抜く

難工事を行った場所











アルヒル鉄橋

断崖絶壁に沿うように建てられた

当時の面影をそのまま残した木造橋

ギシギシと橋が軋む音が

なんともスリリングでした











「死の鉄道」泰緬鉄道の中でも

最も建設が困難であった難所・・・

タムクラセー橋(アルヒル桟道橋)

川と崖との間の狭隘な場所に

木造の頼りなさげな橋梁が蛇行して続いています


続く





スポンサーサイト

コメント

§

 凄い貴重な旅ですね…列車と人の距離が近い国…レールの上を歩いて移動なんて普段では出来ない経験を皆さんで…バナナチップ、甘くなってでしょうか…生活と電車を知る旅ですね…日本の遺産もあるのでしょうか(笑)♪

§ (○´∀`)ノ゙こんにちゎ★

ひでわくさん

泰緬鉄道は日本の遺産です・・
すごいものをつくったものです・・
それが今は観光に組み込まれて
地元に潤いを・・

o(*^▽^*)o~♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teapottok

Author:teapottok
生活も身体もスリムがいいなぁ・・
元気と笑顔が取り柄です・・

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
黒ねこ時計 くろック E01
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR