奈良へ・・(13)











唐招提寺

唐招提寺は・南都六宗の一つである律宗の総本山です

多くの苦難の末・来日をはたされた鑑真大和上は

東大寺で5年を過ごした後

新田部(にたべ)親王の旧宅地(現在の奈良市五条町)を賜り

天平宝字3(759)年に戒律を学ぶための修行道場として

開いたことが始まりです

当初はあくまでも和上の私寺として

講堂や新田部親王の旧宅を改造した

経蔵・宝蔵などがあるだけでしたが

徐々に寺としての体裁が整ってきました

8世紀後半に鑑真和上の弟子の如宝が

金堂を完成させました

中世の兵火や明治時代の廃仏毀釈を経ても

寺観を失わず

多くの天平時代の伽藍や文化財を今に伝えています

入り口の南大門をくぐると

まっすぐ延びる参道の正面に金堂が見えます











金堂

2009年に平成の大改修を終えました

天平時代の姿を伝える金堂としては

大きさも含め貴重な建造物です







画像はお借りしています



内陣には像高3mに及ぶ盧舎那仏(ふしゃなぶつ)を中央に

巨大な三尊・乾漆造(かんしつづくり)国宝が並び

厳粛な空間を生み出しています

本尊・盧舎那仏坐像は宇宙の中心

釈迦の本地仏として中尊に

その東方に現世の苦悩を救済する薬師如来立像

西方に理想の未来へ導く十一面千手観音菩薩立像が

配されています


ちょっとお勉強

乾漆造とは

唐から伝わった技法で

奈良時代の仏像に盛んに用いられた技法です

麻布を貼り重ねた原型の上に漆を塗り細部を形作っていくのですが

木造よりもお金や手間がかかるため平安時代には衰退していきました

乾漆造には「脱乾漆造」と簡略版の「木芯乾漆造」があります

唐招提寺・金堂の3体の巨像は

奈良時代の乾漆造りを代表する貴重な文化財です












金堂の背後には

教義を説く為の建物である講堂が建てられています

講堂は

和上が当寺を開創するにあたり平城京東朝集殿を

朝廷より賜り移築したもので

平城宮唯一の宮殿建築の遺構です








画像はお借りしています





本尊弥勒如来坐像(鎌倉時代・木造・重要文化財)は

釈迦牟尼仏の後継で

将来必ず如来として出現し法を説くとされます

そのため通常は菩薩像ですが

本像は如来像として表現され

金堂の三尊とあわせて顕教四仏となる古式で配列されています

持国天立像(画像右上)・増長天立像(画像右下)の

二天(奈良時代・重要文化財)も

講堂内部に共に配されます








礼堂・東室(重要文化財)・・画像右の長い建物

鎌倉時代・弘安7(1284)年建てられました

南北に長い建物で従来は僧坊でした

かつては講堂を中心に西と北にもそれぞれ同様の建物があったようですが

東室・礼堂のみ現存しています

南半分の礼堂は毎年10月21日~23日に行われる

釈迦念仏会の会場となっていて

この時のみ内部が公開されます

清涼寺式釈迦如来立像が安置されています


舎利殿(鼓楼-ころう)画像右

鎌倉時代・仁治元(1240)年に建てられました

瀟洒な重層の建物で本来は経楼とみられますが

鎌倉時代に再建された後

鼓楼と呼ばれたようです

1階に和上将来の三千粒の仏舎利を安置しているところから

舎利殿ともよばれます

毎年5月19日には鎌倉時代戒律を復興した

大悲菩薩覚盛上人(かくじょうしょうにん)の

うちわまき会式が行われ

法要後・楼上からハート型の宝扇がまかれます











教蔵(画像上)

唐招提寺創建以前より存在していた最古の校倉造です

校倉造とは

校木(あぜぎ)と呼ばれる三角形の断面を持つ横材を

井桁状に積み重ねて壁とした倉庫建築のことです

建材であるスギやヒノキの特性により

温度や湿度の調節に優れ

古代より収蔵物を良好な状態で保存しておくことができる

倉庫として利用されてきました

壁の端には鼠返しと呼ばれる下向きに反った板が付けられていて

鼠などの侵入を防いでいますが

これは校倉が米などの食糧貯蔵庫として利用されていた名残でもあります

また

この鼠返しは・雨水を流す為の雨切の役目も担っています

唐招提寺経蔵の規模は・桁行三間に梁間三間

屋根は寄棟造りの本瓦葺きです

かつては垂木が一段の一軒(ひとのき)でしたが

改修により二段の垂木を持つ二軒(ふたのき)へと変えられています


宝蔵(画像下)

経蔵の隣には

同じく校倉造の経蔵よりも一回り大きい宝蔵が・・

こちらは経蔵とは違って新田部親王邸時代からのものではなく

唐招提寺が創建された時に新しく建てられたものです

宝蔵も経蔵と同じく

寄棟造りの本瓦葺きで垂木は二軒

柱間数も桁行三間・梁間三間と経蔵と同様ですが

宝蔵は経蔵よりサイズが一回り大きく作られています

また経蔵は比較的質の低い木材を用いて建てられていますが

宝蔵は樹心部分を含まない

良質の心去り材を用いて建てられている点も異なっています

このように校倉造が二棟並んで残る例は他に無く

極めて貴重な遺構であると言えます

現在は宝蔵の奥に鉄筋コンクリート造の新宝蔵が建てられていて

寺宝の多くはこちらに移されています











新宝殿

唐招提寺が伝える多くの文化財を

管理・収蔵するために昭和45年(1970)に建てられた

鉄筋コンクリートの収蔵展示施設です

金堂に安置されていた木造大日如来坐像(重文)のほか

旧講堂木彫群と呼ばれる

奈良時代末期に制作された多数の木彫像が収められています

開館期間:3月1日~6月30日、9月1日~11月30日、12月31日~1月3日
(※8月10日頃に数日間の臨時開館があります。)
開館時間:9:00~16:00







画像はお借りしています





右上から

薬師如来立像・・重要文化財 奈良時代(8世紀)木造

獅子吼菩薩立像・・重要文化財 奈良時代(8世紀)木造

衆宝王菩薩立像・・重要文化財 奈良時代(8世紀)木造

十一面観音立像・・重要文化財 奈良時代(8世紀)木造

如来形立像・・重要文化財 奈良時代(8世紀)木心乾漆 漆箔

金堂の鴟尾(しび)

奈良時代(8世紀)のもので

金堂の屋根に上げられていた2体の鴟尾のうちの西側(向かって左)のもの

この鴟尾は

天平時代に作られてから使用されている

現役の道具瓦としては唯一のもので

鑑真和上に同行した技術者が制作を指揮したと考えられるものです

もとは

東側のものだったといわれていますが

正面に亀裂ができたため西側に移されたようです







画像はお借りしています





勅額

木製 奈良時代

縦1.48m、横1.17m、材質は桧

寺伝では・講堂もしくは中門に掲げられていたものです

東大寺西大門のものともに

今に残る奈良時代の扁額で

その文字は孝謙天皇の宸筆と伝えられています

その書風は

東晋の書家・王羲之(おうぎし)の書風にならった行書で

周囲に飾りがついていたといわれます(現在の南大門のものは複製)











開山堂と鑑真大和上御身代わり像

開山堂は元禄時代に徳川家歴代の御霊殿として建立され

その後明治14(1881)年に

鑑真大和上の尊像を安置するため現在の位置へ移築されました

国宝の和上像が御影堂へ移されたのち

覚盛上人・聖武天皇・徳川家康を安置した

本願殿として参拝されていましたが

御堂の老朽化をうけて改修工事を行い

鑑真大和上円寂から1250年になる平成25(2013)年

大和上のお姿を写した「御身代わり像(おみがわりぞう)」がつくられ

再び開山堂として落慶しました







画像はお借りしています





御身代わり像(御影像)は

年間数日しか開扉しない国宝の和上像に代わって

毎日参拝していただく目的で製作したものです

この像は奈良時代の脱活乾漆技法(特に国宝和上像)を忠実に踏襲した模造です











終わり・・

仏教のことたくさん世古さんから教えていただき

仏教には凄い世界観があるってことに

気付かされました・・

本当にいい旅でした・・






スポンサーサイト

コメント

§ 世古さんとの出会い

 酔い方と出会えた旅に…古い物がちゃんと残されるも文化ですね…建物・仏像・瓦や壁…伝えるものがちゃんとあって形へ…乾漆技法、勉強に成りました…奈良の旅好いですね♪

§ (○´∀`)ノ゙こんにちゎ★

ひでわくさん

本当にいい旅になりますた
内容も濃くて・・
なにより・・
仏教ってただの宗教くらいにしか考えてなかった私が
世界観を感じたこと・・
忘れられない出会いでした

o(*^▽^*)o~♪

§

たくさんの旅行記ありがとうございました。
来年の旅も楽しみです^^

よいお年をお迎えください。

§ (○´∀`)ノ゙こんにちゎ★

shiokoさん

こちらこそありがとうございます
ブログ続けてくださいね

o(*^▽^*)o~♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teapottok

Author:teapottok
生活も身体もスリムがいいなぁ・・
元気と笑顔が取り柄です・・

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
黒ねこ時計 くろック E01
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR