FC2ブログ

奈良へ・・(5)










法隆寺東院 四脚門











四脚門をはいると

すぐに回廊があります

回廊を抜けると











夢殿

聖徳太子が住んだとされる斑鳩宮跡に

その遺徳を偲んで建てられた伽藍の中心で

奈良時代に建立されました

軒の深い八角円堂の姿は優美で神秘的です

中央の厨子には

聖徳太子等身と伝わる秘仏

救世観音菩薩立像(飛鳥時代作)を安置しています







法隆寺で買い求めた本より




救世観音菩薩立像

聖徳太子の在世中に作られた

聖徳太子の等身大の秘仏・・

クスノキの一木彫刻で

仏師は白土の下地に漆を塗り・金箔が押されています

像高は178.8cm

太子は当時としてはかなりの長身だったということになります

救世菩薩立像は

739年(天平11年/奈良時代)に夢殿に納められて以降

完全なる秘仏であり続けました

理由は不明ですが

当時・都で伝染病が蔓延し

政治の中心にいた人物も相次いで病に倒れ

これを聖徳太子の怨霊によるものと考えた人々が

供養のため夢殿を建てたとも云われています

救世観音菩薩立像は呪いを防ぐための封印?!

その「封印」を解くきっかけになったのは

明治時代

調査のためにフェノロサと岡倉天心によって法隆寺を訪れ御開帳を迫ったこと

解くと聖徳太子の怒りに触れ

天罰があると信じられ

法隆寺の僧侶すら拝めなかった秘仏

僧侶たちは

聖徳太子の怒りを恐れて

封印を解くことをかたくなに拒んでいたのです

フェノロサたちは法隆寺の僧侶たちへ説得に説得を重ね

やっとのことで「秘仏公開」となりました

像が布(長さ450メートル)や和紙でグルグル巻きに包まれていたおかげで

救世観音の保存状況は極めて良好だということで

製作時の金箔も多く残っているそうです


ちょっとお勉強

廃仏毀釈

薩長新政権がひき起こした「廃仏毀釈」

歴史上例をみない醜い日本文化の破壊活動です

俗にいう明治維新の動乱の中で

明治元(1868)年に薩長新政権が打ち出した

思想政策によって引き起こされました

直接的には仏教施設への無差別な

また無分別(むふんべつ)な攻撃・破壊活動のことです

これによって

日本全国で奈良朝以来の夥(おびただ)しい数の

貴重な仏像・仏具・寺院が破壊され

僧侶は激しい弾圧を受け還俗(げんぞく)を強制されたりしました

ひと言でいえば

薩摩・長州という新しい権力者による

千年以上の永きに亘って創り上げられた

我が国固有の伝統文化の破壊活動のことです



明治維新後の廃仏毀釈の際に

法隆寺は寺宝300点余りを皇室に献納しました

現在では

そのほとんどが東京国立博物館の所蔵となり

東京国立博物館内法隆寺宝物館で見ることができます













礼堂

上の画像(左側に建つ)が絵殿

下の画像(右側に建つ)が舎利殿

舎利殿は聖徳太子が2歳の春に東に向かって合掌されたとき

掌中から出現した舎利(釈迦の遺骨)を安置している建物です

現在礼堂のある場所は元々東院の中門にあたり

「東院資財帳」に記された「檜皮葺門弐間」のうち

長七丈・広二丈一尺とする建物の後身にあたります

「東院縁起」に「七間礼堂一宇」とあり

門と礼堂とを兼ねていたことがうかがえます

現在の建物は鎌倉時代に再建されたもので

寛喜3年(1231年)に棟上げされたそうです

四方の蔀戸(しとみど)を吊り上げると

東西の舞良戸(まいらど)以外は吹きさらしとなり

広々とした空間になります

かつてはここから夢殿を拝めたようです











東院鐘楼

下階の部分が

袴を穿いたようになった鐘楼を

袴腰付(はかまごしつき)鐘楼といい

中世以降に流行しました

東院鐘楼は応保3年(1163年)に建立されたと考えられ

袴腰付鐘楼の最古例とされています

現在の建物は

鎌倉時代初期に再建に近い大修理がされています

上階に吊るされた梵鐘は天平時代のもので

かつては中宮寺の鐘であったとされています













伝法堂(でんぽうどう)

聖武天皇の夫人である橘古那可智の住宅を

仏堂に改造したもので

東院の仏堂であるとともに

天平時代の住宅建築を伝える唯一の遺例です

切妻の白壁にくっきりと現れた

二重虹梁蟇股の架構は

天平建築の典型とされます

堂内は当時のお堂としては珍しい板敷きとなっていて

中央に来迎壁が設けられています


続く







スポンサーサイト

コメント

§ 宮大工

 失われつつある文化の一つに「大工」さん…最近ではほとんど見る事が出来なくなって…プラモデル工がガチャガチャと(苦笑)…宮大工さんが将来も存続する様に繋いでいって頂きたい…古い時代に凄い技の宮大工…数学者ですね(笑)…夢殿が好きです♪

§ ( ゜▽゜)/コンバンハ

ひでわくさん

本当にそう思います
昔の宮大工の仕事・・
素晴らしい・・
いまの技術を持ってしてもわからないこと多々・・

それでも
もとのままに保存しようと現代の宮大工も頑張って
応援したいですね

o(*^▽^*)o~♪

§

この技術が将来どうなるのかが?不安ですね^^
伝統的な技・・宮大工さんがこの先も努力して
頑張ってほしいですね。

§ ( ゜▽゜)/コンバンハ

shiokoさん

おっしゃるとおりです・・
宮大工さんに期待ですね・・
まだまだ捨てたものじゃないです・・

o(*^▽^*)o~♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teapottok

Author:teapottok
生活も身体もスリムがいいなぁ・・
元気と笑顔が取り柄です・・

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
黒ねこ時計 くろック E01
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR