奈良へ・・(4)











大宝蔵院を出て拝観道を南に行くと

東西に通る広い道に出ます













ここを左(東)に向けば

築地塀に開かれた大きな八脚門が目に入ります











東大門(とうだいもん)

もとは現食堂の前方に南向きに建っていましたが

平安時代に現在の位置に移され

東西に通り抜ける門になったと推測されています

門の形式は桁行を三間に分かち

棟通り中央間に扉を吊り

前後に八本の控柱を並べる一般的な八脚門です













東大門は「三棟造り(みつむねづくり)」という

奈良時代の建築技法で建立されています

「三棟造り」とは門の前後に屋根があり

その上にさらに大屋根を被せる形の建築構造のことで

屋根の頭頂部分となる横材の「棟(むね)」が3つあり

屋根が3つあることから「三棟造り」と呼ばれています

そのほか

柱の上方に細まりのあること

肘木には上面の笹繰や木口の張り出しのあること

二重虹梁蟇股式の架構がのびやかでかつ古式であることなど

どれをとっても奈良時代の特色をよくみせており

同じ八脚門である室町時代の南大門と比べると

その差を明瞭にとらえることができます












東門を入ってすぐのところに

南北の細い道が走っています

伽藍は真北ではなく約4度西に傾いているそうです

世古さんの持ってらした地図でみるとよくわかりますね・・

なぜなのかはっきりしたことはわかっていないそうです













法隆寺作業所













築地塀(ついじべい)・国の重要文化財

築地塀が傷みつっかい棒をしています

築地塀(ついじべい)とは泥土をつき固めて作った塀のことで

石垣の基礎に柱を立てて貫を通した骨組みを木枠で挟み

そこに練り土を入れて棒でつき固める

「版築(はんちく)」という方法













「版築」の回数が塀に境界線として残っており

近寄って見れば確認できるそうです。(そういわれれば確かにありますね)

塀の上には簡便な小屋組を設け

瓦や板などで葺いたものが多く見られます

コンクリートよりも強度がある築地塀

昔の方の技術の凄さに驚かされます



続く



スポンサーサイト

コメント

§ 試行錯誤の成果物

 屋根にしても塀にしても…色々と試行錯誤の結果、目的を果たす工法が確立されて行ったのでしょうね…突き固めるとは凄い壁…獣道を何本も重ねた様なつよさでしょうね♪

§

昔の方はすごいものお作りになりましたね^^

今はもう無理なのでしょうjか?
今は簡単におうちができる時代ですものね。

§ ( ゜▽゜)/コンバンハ

ひでわくさん

あの時代のものが
いまもまだ残って
私達が目にすることができる
凄いことですね

§ ( ゜▽゜)/コンバンハ

shiokoさん

いま
あの時代のものを作る技術がないのです
調べてもわからないことが多々あるようです
凄いこと

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teapottok

Author:teapottok
生活も身体もスリムがいいなぁ・・
元気と笑顔が取り柄です・・

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
黒ねこ時計 くろック E01
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR