ブルガリア・ルーマニアの旅・・(39)




シナイア僧院観光後

バスにてペレシュ城に移動















シナイアの町の東部

小高い丘の上に

ペレス城があります

徒歩でも15分くらいの近い場所です















ペレシュ城    


1875年にカルロス1世が

ルーマニア王室の夏の離宮として

8年の歳月をかけて建てた宮殿です













ペレシュ城は

ドイツ・ルネッサンス様式で建てられています













ルーマニアで最も荘厳な城と

讃えられるほど美しいお城です














中に入るには

靴にカバーをつける必要あります

シャワーキャップみたいなのを

靴の上から履きます















建築様式が混在しているので

部屋を移るとバロック

次はロココとなり変化に富んだお城でした

綺羅びやかというより

どっしりとした雰囲気です・・















数多くの彫刻や

噴水が配された庭園が素晴らしい・・
























































初代ルーマニア国王、カロル1世














ペリショール城

ペレシュ城と同じ敷地内の左奥にあります

カルロ1世の狩猟用の城で

1902年に完成しました

中世ドイツ風の質素な外観ですが

内部はシャンデリア・カーペット敷で

来客用の寝室まであるそうです

こちらは外から見るだけ・・














入ってきたところにあった

お土産物屋さん













民族衣装のブラウスや

刺繍やレース編みの施されたテーブルクロス・・

ハンドメイドの

レース編みのコースターなどが

売られていました・・



続く










スポンサーサイト

コメント

§ 独特なスタイル

 石造りの上に木造を重ねてでしょうか…ヨーロッパの他の国のお城とは雰囲気が異なる造りですね…目的も少し違うのでしょうか…文化って面白いです♪

§ ((((o´ω`o)ノコンニチワァ♪

ひでわくさん

おっしゃるとおりです
内部もきらびやかというより
重厚感があって・・
素晴らしかったです

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teapottok

Author:teapottok
生活も身体もスリムがいいなぁ・・
元気と笑顔が取り柄です・・

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
黒ねこ時計 くろック E01
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR