ブルガリア・ルーマニアの旅・・(27)





ヴェリコ・タルノヴォは

国土の東西に横たわるブルガリア最大の山脈

バルカン山脈の東部にある

人口約7万の地方都市で

ブルガリア人にも人気の観光地です

森に囲まれたいくつもの丘と

周囲を蛇行するヤントラ川の切り立った崖の独特の美しさは

中央ヨーロッパでも際立つものです・・













どこを歩いても違う表情をみせてくれ

自然と中世の町並みが鮮やかに溶け合っています

かつては「タルノヴォ」と呼ばれ

1187年~1393年に第二次ブルガリア帝国の首都として栄えていました

イヴァン・アッセン王治下の最盛期には

ビザンツ帝国(東ローマ帝国)をも圧倒し

バルカン半島のほぼ全域を支配したこともありました













この細いところを進んでいくと

ランチをとったレストランの

テラスから見えた風景が広がっています・・












文化的にもこの時代は周囲を押さえ

タルノヴォで勉学を修めるために

ルーマニアや遠くモスクワからも留学生がやってきました













しかし

その帝国もアッセン王死後に衰退を始め

やがて宿敵ビザンツ帝国に屈服

1398年にはオスマン朝との

3ヶ月にわたる首都攻防戦の後ついに滅亡













タルノヴォが再び脚光を浴びるのは

500年にわたる

トルコ支配からの独立を達成した1879年以降から

新生ブルガリア王国の最初の国会が

この町で開かれたのです













どのような歴史を経ようとも

タルノヴォの美しさは現在も変わりません

石畳の坂道を歩きながら

町が刻んできた歴史のひとつひとつを味わうのも

旅の醍醐味・・













中世の町並みが残り

古き伝統を守り継ぐ職人工房と

お土産物屋さんが並ぶ

サモヴォドスカタ・チャルシャ

サモヴォドスカタ(Samovodskata)という

チャルシャ(Charshiya=市場の意味)の地図・・
















マラムレシュの仮面・・

魔除けの意味があるそうです・・

日本の東北の「なまはげ」を思い出しちゃった・・















家の扉に写真が貼られています

その家で亡くなった方がおられると

1年間はこうして家の入口に掲示するのだそうです

日本でいうところの

喪に服すという意味があるのでしょうか・・














写真は銅打ち出し職人さん

銀細工職人さんや刀鍛冶職人さん

木彫り職人さん

キリム職人さんなど色々な職人さんの工房が見れます















出来上がった作品が壁にかけられています

おじいちゃま

とってもいい雰囲気・・














お茶を楽しんでいます・・

声をかけると

とってもいい笑顔を向けてくださいました・・















小さな店が軒を連ねていて

ただただ見て歩くだけでも楽しくなってきます

どのお店も工房を兼ねていて

職人さんたちが作ったものをそこで売っているのです













クマさん

骨董品を並べているお店を発見

しっかりチェックしています

気に入ったものはなかったようです












何かめぼしいものはないかと



o(- ̄*o))))...ウロウロ...((((o* ̄-)o













バラのオイルを使ったお店発見・・

ツアーの方が

香水を見てたので

一緒に香りを楽しんで

ブルガリアでのお買い物はここで最後

今夜はルーマニア

残ったお金で・・

ちょこっとお買い物・・

お姉さん

美人だよねぇ・・


(≧∇ノ■ゝハイ、チーズ♪













手作りのピアス・・

可愛いのがたくさんあったんだけど

ここ数年前から

金属アレルギーがひどくて

欲しかったんだどなぁ・・・


ムリッス(。+・`ω・´)



続く









スポンサーサイト

コメント

§ タルノヴォ美しぃ街ですね

 ここは景色を堪能に伺いたい街です…一週間ぐらいじっくりと滞在してゆったり堪能したい…水の流れや景観と営みが癒してくれますね♪

§ ((((o´ω`o)ノコンニチワァ♪

ひでわくさん

私もそう思いました
せめて一泊してゆっくり楽しみたい町・・
ツアーで
さっさとは勿体無い町でした

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teapottok

Author:teapottok
生活も身体もスリムがいいなぁ・・
元気と笑顔が取り柄です・・

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
黒ねこ時計 くろック E01
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR