ブルガリア・ルーマニアの旅・・(12)




ホテル出発 9時05分

今日はソフィアの市内観光

ブルガリアの首都ソフィアは

地理的にはブルガリアの中心部ではなく

ブルガリアの西部に位置し

セルビアとの国境からわずか60キロほどのところにあります

















車窓より聖ペトカ地下教会

ソフィア市の名称は聖ソフィア教会に由来します

教会がソフィアにできたから聖ソフィア教会となったのではなく

聖ソフィア教会があるところにできた町

それがソフィア・・

バスを降りて徒歩移動

















アレクサンダル・ネフスキー寺院

5000人を収容する

ブルガリア最大で最も美しいと言われる寺院です

高さ60メートルの金色のドームをはじめ

12のドームからなる

ネオ・ビザンツ洋式の豪華な建物です

















この寺院は

ブルガリア独立のきっかけとなった

露土戦争で戦士した約20万人のロシア人兵士を

慰霊する目的で建てられ

1882年に着工してから40年の歳月を経て完成しました


















存在感が凄いです・・

ネオ・ビザンツ洋式はロシアなどで見られるような教会に多く

円形のアーチやドーム・モザイク装飾が特徴的です

白い壁に金色の装飾がされたドームや

きれいなうす緑の屋根は

私たちがイメージする教会そのもので

間近から見上げると大きさに圧倒されます

ミサの時間以外は誰でも入場出来ます

内部も見学出来ますが

お祈りをしている人もいるので静かにする必要があります


















でわ・・

中にはいりましょう・・

















大聖堂の中に入ると

天井の高い 5 つの身廊が

高いアーチでつながった構造になっています

市松模様の床・輝くシャンデリア・・

複雑なデザインのステンドグラス

圧倒されます

















壁は多数の壁画で飾られおり

















その多くは

ブルガリアとロシアの聖人が登場する場面を描いたものです
















内部はかなり暗くて

うまく撮れていませんが

ロウソクの煙で

かなり煤けているのがわかると思います
















内部から入り口に向かって

ドアから光が差し込んで

内部の暗さがわかるでしょうか・・


























アレクサンドル・ネフスキーの聖遺物である指の骨

「我々のために神に祈って下さった聖なる父アレクサンドル・ネフスキー大公」

と書いているそうです

この指は1998年に

当時の総主教アレクシー2世によって寄贈されたらしいです

















内部装飾で目を見張るのは

メノウ・大理石をふんだんに使った

精巧なモザイクが壁を覆う壁画

















大理石は

ブラジル・ギリシャ・エジプト・イタリアなどから

はるばると運ばれてきたものです

















ドームの天井からつりさげられた

巨大なシャンデリアの豪華さも圧巻!






































3つある祭壇は

中央がロシア

向かって右がブルガリア

左がほかのスラヴ諸国にささげられたものです
















地下室は

国中から集められたイコンを展示する博物館となっています

















残念ながら

今回は地下室の博物館はみることができませんでした

















重厚な扉

どれをとっても

素晴らしくて

ため息しかでません・・



続く








スポンサーサイト

コメント

§ 大聖堂…歴史が国の歴史♪

 荘厳な美術品ですね…イコン色々あったのでしょうね…戦火とイコンのお話も…やはりロシアが影響する文化が感じられて…近年まで閉ざされていた地域ですね♪

§ ぉばんm(*ゝω’*)mですぅ

ひでわくさん

ロシアの影響をすごく感じます

ブルガリアでは工場を殆どみることがなく
クマさんは
何でやろと首をかしげていました
o(*^▽^*)o~♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teapottok

Author:teapottok
生活も身体もスリムがいいなぁ・・
元気と笑顔が取り柄です・・

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
黒ねこ時計 くろック E01
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR