ブルガリア・ルーマニアの旅・・(3)




鬱蒼とした緑深き一本道の山道を

バスに揺られて行くと











曲がりくねった道の先に

リラの僧院が突然現れます

10時56分

リラの僧院到着










ソフィアの南約65キロ・・

リラ山脈の奥深くにひっそりとたっている

ブルガリア正教の総本山とも言うべき僧院です











僧院の歴史は10世紀にさかのぼります

イヴァン・リルスキという僧が

隠遁の地としてこの場所を選んだそうです

小さな寺院を建て・・

それがやがて中世の宗教と文化の中心になっていったそうです










現在の形になったのは14世紀で

時の王の庇護の下で僧院文化は華開きました

その後

ブルガリアは約500年にわたってオスマン朝の支配下に入ることになります

この間

キリスト教の信仰はもちろん

ブルガリア語の書物を読むことにも制限が加えられていましたが

この僧院だけは黙認されていました

往時には約360の房に

全国から僧があつまり寝起きしていたそうです












僧院の建物は1833年の大火事でおおかたが燃えてしまいましたが

その後復旧され

1983年に世界遺産に登録されました











4階建ての外陣に囲まれ

敷地内の中央に建っているのが聖母誕生教会

建物自体は1833年の火事のあとに再建されたもので

民族復興様式と呼ばれる建築形式によって建てられています












白と黒の横縞模様が印象的な

教会正面のアーチをくぐると












外壁の壁面いっぱいに

そして天井にもフレスコ画











そこには36の聖書の場面や

この地方のそれぞれの時代の生活のようすが

色彩豊かに描かれています









これは民族復興期最高のイコン画家と言われる

ザハリ・ゾグラフを含む

当時を代表する画家たちが無償で描いたといわれています

ブルガリアの教会で見られるフレスコ画は

殆どが屋内に描かれており・・

しかもロウソクの煙で色がくすんでいます

リラの僧院のように極彩色のフレスコ画は

非常に珍しいそうです











教会内に入ると正面奥に見える

数多くのイコンで飾られた壁はイコノスタス

聖障ともいわれブルガリアの正教会を含む

東方正教会の教会ではなくてはならないものだそうです

通常至聖所へは入ることも中を見ることも出来ません

至聖所は天国を表していて

礼拝のときなどには

天国が開かれているという意味を込めて

イコノスタスの扉が開くようになっているそうです

聖母誕生教会のイコノスタスは

幅が10メートルもある立派なもので

精緻な彫刻が施され

表面には金箔が施されています

ブルガリアの木彫り彫刻の最高傑作ともいわれているもので

その制作には5年の歳月を要したようです












左の塔

これがフレリョの塔です

僧院ないで1833年の火災を逃れたのは

このフレリョの塔だけです

14世紀に建てられた当時のままに残っています

それでも

外壁の壁画は殆ど退色しておらず

十分に鑑賞に堪えうる見事なものです

今は1階はお土産物屋さんになっています

クマさん・・

ここでイコンを買っていました











もうね

どこを見ても素晴らしくて

圧倒されました













僧侶が教会の中からでてこられて

写真を撮らせていただきました

優しいお顔してますね












中庭を囲む外陣の東部分の建物1階と

その地下が歴史博物館になっています













ブルガリア語の文法を作った

ネオフィト・リルスキのお墓です













水飲み場

このお水

とっても冷たくて美味しかったぁ・・











トイレ

和式ですねぇ・・

綺麗に掃除されています

水洗ですが紙は流せません・・













リラの僧院には

8人の僧侶が住んでいます

結婚してて家族もいらっしゃいます

寄付が多いので車も持っているそうです











建物の3階が宿坊になっていて

信者が泊まることも出来ます











ここには有名なパン屋さんがあり

揚げパンがおすすめだと

デリちゃんから聞いていたのですが

すっかり忘れていた・・

ツアーの方が2人・・買いに行ってて

私にも回ってきました

揚げパン・・

初めて食べた油の香り

ひまわりの油かな?

これにお砂糖を好みでかけても良いようです

私たち日本人には油がきつくて

1個は無理

デリちゃんは5個くらいぺろりだそうです

残ったのはイリちゃんに・・

イリちゃん・・

嬉しそうだったよ・・



o(*^▽^*)oあはっ♪


フレスコ画・・沢山撮ってきたけど・・

アップが出来ないよぉ・・








スポンサーサイト

コメント

§ 歴史に触れる・・・

 旅の楽しみの一つは歴史を肌で感じれるですね…イコン大切に引き出しへ(笑)…信仰は辛い時こそ存在が増して…大切にされている場所ですね♪

§

建造物も歴史を感じます~

信仰心も日本とは違いますね・・
パンはどんなお味かな?

§ (●゚∀゚)b*:..。o○ぉはょぅございます○o。..:*

ひでわくさん

歴史のある建造物
重みがあって素敵でした・・
クマさん・・イコンを眺めてほしくなったようです

σ(*´∀`*)ニコッ☆

§ ヾ(✿❛ω❛ฺฺ)ノぉはよぉ~❤ฺ

shikoさん

信仰心は日本とは違いますね・・
日本人は結構いい加減です
でもそれだから良いところもあってと思います

パンは・・
外はカリカリ中はふわふわ・・

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teapottok

Author:teapottok
生活も身体もスリムがいいなぁ・・
元気と笑顔が取り柄です・・

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
黒ねこ時計 くろック E01
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR