骨盤臓器脱・・膀胱瘤・・(7)





先生の言うとおり

クリームを塗ると痛みが治まって・・

でもすぐにまた痛みが出て来る・・

しかも

膀胱炎も起こし始めて

2年を待たずに2014年1月に横須賀へ

先生に痛みがあると訴えると

年齢的なもので潤いがなくなるからです・・

同じ言葉しか返ってきません

診察していただいている時


どこが痛いの?!


って厳しい言葉が

どこがって言われても・・

その辺としか言いようがありません・・

子宮がん検診もお願いしていたのですが

検査をし始めてすぐに


どうもない・・

もうしない!!



と途中でやめてしまった・・

明らかに機嫌が悪くなり言葉使いも荒くなっています

診察後の話は


クリーム出しておきます・・

無くなったら近くの病院で出してもらって・・



わたしの顔を見ることもなくそう言い放って

前回と違って

クリーム1個だけの処方でした

しかも

次の診察のことにも一切ふれません

もう・わたし泣きそうになってしまって・・

クマさんにその話をすると


ケチつけられたと思ったんと違うか・・

患者に寄り添えん医者はあかん

もう・・

あの先生はあかんな・・



それからは痛みがあると

クリームを塗るの繰り返しの2年間でした

それも

次第にクリームを塗っても痛みが治まらなくなって来て

膀胱炎を頻繁に起こすようになってきたのです

膀胱炎を起こしていなくても

膀胱炎のような痛みがあって

辛い日々になっていったのです

思い切って

月1回・クマさんと通っている

加古川の先生に相談すると



細菌感染も頻繁に起こしてるし

すぐに専門の先生に診てもらって

僕は専門外だから全くわからないから・・

但し・・

OPした先生と違う先生に診てもらってよ・・



すでに長男の赴任先のタイに行くことになっていましたので

タイから帰ってきてから行くことに

でも・・

タイでも膀胱炎を起こし・・

抗生物質を飲むはめに・・

膀胱炎が治っても痛みが治まらなくて

痛み止めも飲んでの状態でした

タイから帰ってきて・・

すぐに専門の先生探しを必死でやって

5年前と違って専門の先生が増えていました


専門医はここ


OPした先生のお名前も載っています

あんな辛い思いは二度としたくないの思いがあって

何度も何度も個々に検索

やっとこの先生と思える先生が大阪にいらっしゃいました

日本でトップの竹山先生

2016年12月9日に電話予約をした時


今はOPした先生の検診は受けていないのですか?


の看護師さんの問いに

今までの経緯をお話しし

もう2年行ってません・・


それなら当院で診させていただきます・・


の言葉にホッとしたわたしでした・・

竹山先生と女医の先生お二人がいらっしゃいますので

竹山先生に診ていただきたいとお伝えし

2016年12月21日2時の予約がとれました・・

12月13日・加古川の先生の月イチの診察日

その旨を伝え・・

紹介状を書いていただいたのでした・・



続く








スポンサーサイト

コメント

§ 探せたのですね♪

 それにしても…横須賀のドクター…経歴で治療が出来ると勘違いしている方だったのですね…臨床が大事な学習の場なのに人間失格かもですね♪

 面と向かいドクターに「その判断、間違ってませんか?」って尋ねにくいものです…しかし治したいが患者それこそ「忖度」しなきゃいけない職業なのに…見捨てるとは♪

§ ぉばんm(*ゝω’*)mですぅ

ひでわくさん

クマさんもわたしも頼り切っていましたから
ショックでした・・
あの言いようは忘れられません・・
診察して痛いかどうかもわからんのかと・・
大阪の先生
これから順にアップしますが
診察してすぐに
これは痛い・・と言ってくださいました・・
ありがたくて涙がでそうでした

§

お医者さんの態度によって患者さんも不安になるし・・
患者さんはすがる思いで病院に来てるんですものね・・
毎日たくさんの患者さんを診てるから・・
態度も冷たいのかしら?

嫌な気分になりますよね~

大阪の先生に巡り合えてよかったですね~

§ ぉばんm(*ゝω’*)mですぅ

shiokoさん

自信過剰で
ケチをつけられたと勘違いしたのではないかと思います
それは先生として失格
痛みを訴えている患者に寄り添った先生ではないです

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teapottok

Author:teapottok
生活も身体もスリムがいいなぁ・・
元気と笑顔が取り柄です・・

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
黒ねこ時計 くろック E01
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR