高梁へ・・ (1)



6月20日(月)晴れ

梅雨の晴れ間となりました

私達の結婚記念日

ルビー婚式です

クマさんが

かねてから行きたいといっていた高梁へ


ρ(^-^*)ノ イッテミヨー!


山陽道で2時間ほど

車を止めて観光案内ガイドを頂いて

出発です

備中松山城の外堀の役目を果たしていた紺屋川沿いに

桜と柳の並木が細長く続いています

情緒豊かな町並みは「日本の道100選」にも選ばれています


(≧▽≦;)アチャー


紺屋川沿いの写真がない・・











沿道には高梁基督教会など

古い洋館や商家が並んでおりゆっくり散策したいところです

ちょっと中にはいってみましょう









落ち着いた雰囲気の教会です









踏切をわたって









龍徳院

踏切の音がなり始めたぁ・・









構えてまってて


(-p■)q☆パシャッパシャ☆









頼久寺

暦応2年(1339年)

足利尊氏により再興された臨済宗永源寺派の寺院で

備中国の安国寺とされました









開山第一祖は

中国から帰国し備中備後路を巡錫中であった寂室元光禅師(正燈国師)で

御本尊は聖観世音菩薩









境内には

小堀遠州が作庭したと伝わる国指定名勝の庭園があります









禅院式枯山水蓬莱庭園(鶴亀の庭)の代表的な庭園で

愛宕山を借景し








白砂敷の中央には鶴島

後方に亀島の2つの低い築山状の島を置いて石を組み

サツキの大刈込みで青海波を表現しています

備中西国第5番札所、瀬戸内観音霊場第13番札所









庭はお手入れの真っ最中

トリマーの音は大きいし

エンジンオイルの匂いもきつかった・・

ちょっと・がっかり!

もっと静かに楽しみたかったなぁ・・









どんどん気温は上がって


ε-(´o`;A アチィ


それでも

ぶらぶら歩いての散策は楽しい









こういう木のプレート?

いい感じだよね・・

あちこちの辻で見かけました


続く









スポンサーサイト

コメント

§ 戦国時代の町名なんでしょうか♪

 高梁は仕事で知った地名…訪れる事は出来ませんでしたが地図で何度も(笑)…立派な日本家屋と庭園…その時代の美意識がちゃんと存在って貴重ですね♪

 結婚記念日に古都を散策…おめでとうございます…好い時間が流れていますね♪

§ ((((o´ω`o)ノコンニチワァ♪

ひでわくさん

高梁は素敵な街でした
ぶらぶらさんさくするのにちょうどいい感じでした
σ(*´∀`*)ニコッ☆

§

ルビー婚式おめでとう・・
素敵な旅でしたね^^

§ ぉばんm(*ゝω’*)mですぅ

shikoさん

ぶらぁ~~~といった高梁
とっても
素敵な街でしたよ・・σ(*´∀`*)ニコッ☆

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teapottok

Author:teapottok
生活も身体もスリムがいいなぁ・・
元気と笑顔が取り柄です・・

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
黒ねこ時計 くろック E01
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR