むぅう~~~ん・・・(( ( ( ̄  ̄メ) ) ))




12日の火曜日

クマさんが・・突然


鹿島さん行こう・・


そういえば・・

まだ初詣もしてなかったし

お守りも交換しないとだね

ということで

ひとっ走りしてきました

高砂の鹿島神社









いいお天気で

お参りの方も結構いらっしゃいました

武甕槌命(たけみかつちのみこと)

経津主命(ふつぬしのみこと)を祀られています









聖武天皇の勅願によって

播磨の国

国分寺の東院として大日寺が建立された時

その鎮護の神として奉祀されました。








天正6年(1578年)羽柴秀吉が神吉城攻略の際

この地も戦火を蒙り灰燼に帰しましたが

大神様の高きご神威により

幸いにも御神殿は焼け残りました。








一時荒廃した付近一帯も

地徳新村の開発とともに

寛文年間(1661~73年)に

新しく神社建立の議が上がり









これを奇特として

当時の姫路藩主松平直矩公より

境内地及び各種資材の寄進を受け

現在の社域、景勝をもって聞こえる

鷹の巣崖山の栄を卜して社を建て

かっての御祭神武甕槌命経津主の命を勧請いたしました。







奉祀された当時から

特に霊験あらたかなるとして

元禄元年(1688年)には

藩主本多忠国公から境内地として五十間四面の地を献ぜられる等

歴代姫路藩主の崇敬篤く

祭礼には特使を派遣され奉斎されておりました。







心を込めてお詣りする時

その願いは必ずかなえられる霊験あらたかなるをもって

四方八方の遠くからも御参拝されております。

一願成就の神社として

この時期は受験祈願のかたが多いです

さて・

今回は・・

クマさんと展望台まで上がることに

本殿をちょっと下ると









登り口があります

ここから登っていきます









このあたりはまだ

歩きやすかったのですが









どんどん道が悪くなって

クマさんが

気にして見てるのは

ウラジロ・・

年末にウラジロを買いにマックスバリューに行くと

なんと・・

ウラジロの中にシダがはいっていたのです

クマさん・・

しっかりチェックしてたから


これ・・ウラジロ違うやん・・シダや・・


って・・びっくりしてました

そのウラジロがたくさんはえてました

勿論・・・シダも









展望台の上からの風景です

ここに上がるとき

高い階段があって

しっかり足を上げたつもりだったのに

むこうずねをおもいっきりこすって


(* T-)アダダダ


転ばなくて良かった・・

ここで転ぶとしたまで落ちて

大怪我するとこだった・・

下りは違う道を

足元の悪い道をどんどん降りて行くと









お稲荷さんが見えてきました









登るとき

あそこから登れるよって

私が声をかけたお稲荷さん

そこに出てきました








駐車場まで降りて

見上げると・・展望台が見えました

あの○印のところ・・

あそこまで登ったんですよ

夜になって・・

お風呂に入るとき

湯船につかったら


"/(*▽*) アイタタ・・・


すっかり忘れてたけど

擦り傷・・腫れ・・になってました

お風呂あがりに


クマさん・・見てみて・・あの階段ですったとこ

こんなになってる・・



腫れてるやん・・ゼノール塗っとき・・


って・・

私の傷の上に塗ろうとした



( ゚ Д ゚!)・・・・マヂカッァァァ



そんなん塗られたら

痛いやん・・(/´△`\)ヤメテー!!



(○'ω'○)ん?・・腫れてるから・・


だ・か・ら・・・・

傷があるんですったら・・・



むぅう~~~ん・・・(( ( ( ̄  ̄メ) ) ))








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teapottok

Author:teapottok
生活も身体もスリムがいいなぁ・・
元気と笑顔が取り柄です・・

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
黒ねこ時計 くろック E01
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR