ブルガリア・ルーマニアの旅・・(33)




2017年4月28日(金) 晴れ

午前8時ホテル出発













ルーマニアの首都ブカレストは

カルパチア山脈の南に広がるワラキア地方の南東部に位置します

人口は約188万人

20世紀初頭には「バルカンの小パリ」と称されるほど

美しい町並みを誇っていたそうです














第二次世界大戦では枢軸国側についたことで

連合国側の攻撃を受けました

その後の共産主義政権時代は

計画的な街づくりが行われた結果

無機質な街並みができあがることになります

1989年12月にはルーマニア革命の舞台となり

大統領だったチャウシェスクが

当時の共産党本部で行っていた最後の演説で

聴衆の反発の声に絶句するシーンは

世界各地で繰り返し放送されました

巨大な国民の館は

チャウシェスクが遺した夢の跡のようにもみえます

あの革命から四半世紀が過ぎ

旧市街の復旧も進んでいます












ブカレストに残るチャウシェスクの遺産

革命広場 旧共産党本部


チャウシェスク政権を打倒するルーマニア革命(1989年12月)が起こった場所

1989年の12月の出来事

12月16日 

ルーマニア西部のティミショアラでセクリターテ(秘密警察)が

ハンガリー系のトケシュ神父を逮捕

それに抗議するために集まった信者と警察の間で小競り合いが起こる

それがティミショアラ市民による反チャウシェスク・デモへと発展

鎮圧のために軍隊が動員され・死傷者が出る


12月20日 

チャウシェスクが軍の愛国的行動を賞賛するテレビ演説を行う

ティミシショアラ県全域への非常事態を宣言


12月21日 

ブカレストの共産党本部前で

チャウシェスク支持のための官製集会を開く
 
チャウシェスクは共産党本部バルコニーから演説

集会参加者のなかから予期せぬざわめきが起こり

まもなくチャウシェスク打倒の叫び声が・・

チャウシェスクが狼狽する様子がテレビで実況中継される


12月22日 

革命勢力の抗議運動拡大

チャウシェスク夫妻が共産党本部屋上からヘリコプターで逃亡

午後: ルーマニア国営テレビで革命への参加が呼びかけられる

共産党本部が占拠され救国戦線の組織作りが始まる


12月23日 

チャウシェスク派と救国戦線との市街戦が続く

チャウシェスク夫妻が逮捕


12月25日

特別軍事法廷でチャウシェスク夫妻は死刑判決を受ける

即日銃殺刑にされる


12月26日 

暫定政権が発足し

チャウシェスクの処刑が発表される














革命の犠牲者のための慰霊碑


広場に建つ大理石の慰霊碑は

革命で亡くなった1500人を超える人々への

追悼の意をこめて2005年に建てられました

隣には犠牲者の名前が刻まれた石碑もあり

今も献花が絶えないそうです











ブカレスト大学図書館とカロル1世の騎馬像


ヴィクトリア通り沿いにある

革命広場の隣に大学図書館があります

その前に初代ルーマニア国王の

カロル1世の騎馬像が建っています

大学図書館はカロル1世が作らせたもので

その記念として像が立てられたそうです















共和国宮殿(現在、国立美術館)


旧共産党本部から道路を挟んだ西側にあります

チャウシェスク時代

大統領府として使用されていました

ルーマニア革命の時には

この地下からチャウシェスクの側近の治安部隊が現れ

多くの市民が犠牲になりました

現在は一部が美術館として使用されています

1989年・革命広場での銃撃戦の戦火を受け

多くの絵画が消失してしまったのですが

量・質ともにルーマニア最大級の規模を誇っています

もともと宮殿だった建物を利用しているので

内部の装飾も非常に美しいそうです














クレツレスク教会


革命広場に建つ18世紀建造の教会

典型的なルーマニア正教の教会です











国民の館(現在は議会宮殿)


故チャウシェスク大統領が

日本円にして約1500億円を投じて造らせたという巨大な宮殿

部屋数は3107にのぼるそうです

世界中の官庁・宮殿などの建物のなかでは

ワシントンD.C.にある

アメリカの国防総省ペンタゴンに次ぐ規模だそうです

「国民の・・・」と言うのは名ばかりで

その実

私欲を満たすためのものだったのがよくわかります

宮殿内部は天井・壁・窓枠にいたるまで

純金の装飾が施されています











幅18メートル・長さ150メートルにも及ぶ

回廊Honour Gallery

高さ18メートル・総面積2200平方メートルの

大ホールUnion Hallなど圧巻だそうです

宮殿を支える大柱は

白・赤・黒・ピンク・ベージュの色をした大理石で

ルーマニア中から集められたそうです

まさに

贅の限りが尽くされていた陰で

国民は飢餓を強いられていたのです

現在は各政党のオフィスが入居するほか

国際会議やコンサートにも使われているそうです


どの建物も

外から見るだけで

内部は見ていません・・

国民の館だけでも

内部見学したかった・・

残念・・




続く






スポンサーサイト
プロフィール

teapottok

Author:teapottok
生活も身体もスリムがいいなぁ・・
元気と笑顔が取り柄です・・

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
黒ねこ時計 くろック E01
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR