ブルガリア・ルーマニアの旅・・(16)




ソフィアっ子の週末の憩いの場「ヴィトシャ山」

市内から車で30分ほどで行けるこの山は

夏はトレッキングや避暑

冬はスキーなど市民に愛されている山です













このヴィトシャ山の麓に立つのが

1979年に世界遺産に登録された「ボヤナ教会」です















緑あふれる公園内を歩いていくと

石造りの質素な教会が見えてきます














外観だけみると

「え?これが世界遺産?」

と思うほどひっそりと佇んでいます















中に入る前に

ボヤナ教会の周りを見てみましょう・・

側面を見るとレンガの色・形・石など

3つに分かれているのがなんとなくわかりますね

写真左側は

1048年に創建された聖ニコラウス聖堂

真ん中の一番大きな教会は

1259年創建のパンティレイモン聖堂

そして左が

1845年創建の第三聖堂と

ボヤナ教会は3つの聖堂からなるブルガリア正教会なのです














ボヤナ教会の中へは自由に出入りすることができず

数名単位でまとまって管理人と一緒に中に入ることになります

私たちは10人づつのグループに別れて入りました

正面に写っている

小さな入口から入ります

低いから気をつけないと頭を打ちます

入ると

オスマン帝国時代に増築された

四角い建物の中となります

この中にもフレスコ画がありますが

メインとなるのはこの奥にある

聖パンティレイモン教会

奥に進む前に管理人から

カメラやバッグなどの荷物は

全てここに置くように指示を受けます

写真撮影は禁止!













お土産物屋さんで

日本語の本をゲット

そこから画像を写しました












ボヤナ教会で一番大きなパンティレイモン聖堂には

ブルガリア最古の歴史人物の肖像画があります

写真は

当時ソフィア界隈一の資産家だったカロヤン伯爵と夫人のデシスラヴァ

このフレスコ画を見て他との違いがわかるでしょうか

聖人を示す光輪がありませんね

この二人は

光輪がないことでも明らかなように聖人ではなく

この聖堂の建築費の提供者

そのため、手に教会を持っているのです















イタリアのサンタ・マリア・デッリ・グラッツェ教会に描かれた

レオナルド・ダ・ヴィンチ作で有名な「最後の晩餐」

この有名な場面も

左側上部に描かれています

イエスと12使途たちの表情が豊かで

ついついずっと眺めてしまいたくなる作品でした















外に出て・・

みなさんが終わるのを

のんびり散策しながら待つことに

クマさん

鳥を見つけて撮ろうとしたのですが

60倍にしてしまって

見失ってしまったみたい・・

一気に望遠にしちゃうとそうなっちゃうよね・・

もたもたしている間に

飛んで行っちゃった・・


o(*^▽^*)oあはっ♪













イリちゃん・・

のんびり座っていたので


(≧∇ノ■ゝハイ、チーズ♪













入り口では

絵描きさんご夫婦が絵を売っていました

絵がならんでいなければ・・

日本っぽい雰囲気しませんかぁ・・


(´∀`*)ウフフ




続く





スポンサーサイト

フルがリア・ルーマニアの旅・・(15)














聖ソフィアの像


マリア・ルイザ通りと

トドール・アレクサンドル通りが交差する場所

まさに「ソフィアのへそ」に立っています

この像は西を向いていて

そのおよそ100メートル先には

正対するように旧共産党本部の大きなビルが建っています














2001 年に建立した聖ソフィアの像は

以前ウラジーミル・レーニンの記念碑が建っていた

同じ場所に建てられました

右手に月桂冠(勝利)を持ち

左手にはフクロウ(知恵)がとまっています













聖ペトカ地下教会

デリちゃん・・

教会を通り越して行っちゃった・・


( ゚ Д ゚!)・・・・マヂカッァァァ


あとでわかったのですが

この教会を見学するには予約が必要で

その時間になってなかったから

あとから見学するということでした


ホッε=(´ωノ[壁]














採掘中の遺跡を通り越して

どんどん進みます














ローマ時代の遺跡だそうです












ここでバスに乗り込みます

ドライバーさん・・

男性と話をしています

出発をまっていると

デリちゃんが・・


私服の警官が・・

スリがでたから盗られたものがないか聞きにきてくれました

何か盗られたものないですか?

パスポート確認してください・・



親切な警察官ですね・・

みんなパスポートを確認して

しばらくすると・・


ちょっと待って・・


と・・

お隣の席に座っていた女性2人の1人が

デリさんのところへ・・

パスポートがないと騒いでいます

カバンをひっくり返して見たけどないと・・

もう1人のお連れさん(結構お婆さん)が



あの人・いつも身体にくっつけてるのに・・



前に行って話してあげるほうが良いよと言ってあげた・・

しばらくすると・・



ボケ婆さんですみません・・


と席に戻ってきた・・

お腹に入れていたんです

なにを勘違いしたのか

カバンを探してない・・ない・・と・・

20分ほど大騒ぎ・・

勘違いでよかったね・・


続く





ブルガリア・ルーマニアの旅・・(14)














大統領官邸前の衛兵

衛兵さんって

かっこいいよね・・

どんなに見つめても

絶対に動きません・・













デリさん

もうすぐ・・

来賓が来るので早く見学しないと

見学できなくなると慌てています

SPが警備していますねぇ・・

こっそり



(-p■)q☆パシャッパシャ☆













聖ゲオルギ教会

大統領府の中庭にある

レンガ造りの教会です

ソフィア市内で最も古く

ローマ皇帝コンスタンティヌス1世の時代である

4世紀にローマ帝国によって建設されて以来

長い歴史を今に伝える貴重な建物です














教会の背後には















ローマ時代の浴場跡などが残っています














内部は撮影禁止です・・



続く









ブルガリア・ルーマニアの旅・・(13)





徒歩にて移動・・・













振り向くと

アレクサンドル・ネフスキー寺院・・

なんど見ても

素晴らしい














解放者記念像

ロシア皇帝アレクサンダル2世(1818~81)の騎馬像です

アレクサンダル2世は

露土戦争の勝利によって

ブルガリアをオスマン朝支配から解放した英雄です

アレクサンドル・ネフスキー寺院同様に

解放戦争をたたえるために建てられたモニュメントです

高さ14メートル

右側にはオスマン朝に対する宣戦布告書を持ち

台座には

「我が兄弟、解放者のために」

の碑文が刻み込まれています













聖ソフィア教会

戦没者慰霊碑とイヴァン・ヴァゾフの詩


(正面真ん中の部分です)


ブルガリアのために戦死した兵士を慰霊するために造られたもので

石棺や5つの石像の壺には

戦没者の遺骨やブルガリア全土から収集された土が安置されています

4本の剣に支えられている聖なる丸い青銅製の祭壇には

永遠の炎が燃えています

2つの青銅製の月桂冠で装飾された厚い石板には

傑出したブルガリアの詩人であった

イヴァン・ヴァゾフが詩作した詩節が刻まれています













聖ソフィア教会横のライオン像

ブルガリアの国章には

3匹のライオンが描かれていて

ブルガリアの象徴となっています












聖ソフィア教会

6世紀にユスティニアヌス帝が建てた教会です

ビザンツ洋式とロマネスク様式の

初期キリスト教会堂で

首都ソフィアの名はここに由来します

オスマン朝の支配下にあった時代には

イスラム寺院として使用されていました

その後

地震などで建物は破壊され

現在の建物は

1900年以降になって復元されました

内部は写真禁止・・













聖ソフィア教会とは道路を挟んで反対側にある

市民公園












聖ニコライ・ロシア教会

ソフィアのロシア教会と通称されている

この教会はロシア正教の聖堂で














オスマン帝国から解放された19世紀末に

この地にあったモスク跡に

ロシア復興様式で建てられたもので

金色に輝く5つのドームが特徴的です














移動中も

遺跡があったりして

目をはなせません














ここで

デリちゃん・ストップ

トイレ休憩・・

この木にもマルテニツァのお守りがぶら下がっていますね














階段を使って地下に降りると

この奥にトイレ・・

トイレは基本

洋式の水洗ですが・・

使用済みのペーパーは流せません

置いてあるゴミ箱に



。ρ(..*)(*・・)σ ⌒・ ポイッ














なんと・・

ここ・・

セルディカの古代要塞遺跡なんです

大統領官邸前の地下道にあるこの遺跡

古代トラキアのセルディ族が

温泉のあるこの地に住み始め

セルディカと名づけたのがソフィアの始まりとのことで

ローマ帝国時代の2世紀後半に要塞を築いたものが残されています

ホンマに

凄い!!



続く








ブルガリア・ルーマニアの旅・・(12)




ホテル出発 9時05分

今日はソフィアの市内観光

ブルガリアの首都ソフィアは

地理的にはブルガリアの中心部ではなく

ブルガリアの西部に位置し

セルビアとの国境からわずか60キロほどのところにあります

















車窓より聖ペトカ地下教会

ソフィア市の名称は聖ソフィア教会に由来します

教会がソフィアにできたから聖ソフィア教会となったのではなく

聖ソフィア教会があるところにできた町

それがソフィア・・

バスを降りて徒歩移動

















アレクサンダル・ネフスキー寺院

5000人を収容する

ブルガリア最大で最も美しいと言われる寺院です

高さ60メートルの金色のドームをはじめ

12のドームからなる

ネオ・ビザンツ洋式の豪華な建物です

















この寺院は

ブルガリア独立のきっかけとなった

露土戦争で戦士した約20万人のロシア人兵士を

慰霊する目的で建てられ

1882年に着工してから40年の歳月を経て完成しました


















存在感が凄いです・・

ネオ・ビザンツ洋式はロシアなどで見られるような教会に多く

円形のアーチやドーム・モザイク装飾が特徴的です

白い壁に金色の装飾がされたドームや

きれいなうす緑の屋根は

私たちがイメージする教会そのもので

間近から見上げると大きさに圧倒されます

ミサの時間以外は誰でも入場出来ます

内部も見学出来ますが

お祈りをしている人もいるので静かにする必要があります


















でわ・・

中にはいりましょう・・

















大聖堂の中に入ると

天井の高い 5 つの身廊が

高いアーチでつながった構造になっています

市松模様の床・輝くシャンデリア・・

複雑なデザインのステンドグラス

圧倒されます

















壁は多数の壁画で飾られおり

















その多くは

ブルガリアとロシアの聖人が登場する場面を描いたものです
















内部はかなり暗くて

うまく撮れていませんが

ロウソクの煙で

かなり煤けているのがわかると思います
















内部から入り口に向かって

ドアから光が差し込んで

内部の暗さがわかるでしょうか・・


























アレクサンドル・ネフスキーの聖遺物である指の骨

「我々のために神に祈って下さった聖なる父アレクサンドル・ネフスキー大公」

と書いているそうです

この指は1998年に

当時の総主教アレクシー2世によって寄贈されたらしいです

















内部装飾で目を見張るのは

メノウ・大理石をふんだんに使った

精巧なモザイクが壁を覆う壁画

















大理石は

ブラジル・ギリシャ・エジプト・イタリアなどから

はるばると運ばれてきたものです

















ドームの天井からつりさげられた

巨大なシャンデリアの豪華さも圧巻!






































3つある祭壇は

中央がロシア

向かって右がブルガリア

左がほかのスラヴ諸国にささげられたものです
















地下室は

国中から集められたイコンを展示する博物館となっています

















残念ながら

今回は地下室の博物館はみることができませんでした

















重厚な扉

どれをとっても

素晴らしくて

ため息しかでません・・



続く








ブルガリア・ルーマニアの旅・・(11)




2017年4月26日(水) 快晴



7時からの朝食を済ませ

出発時間まで

近くを散策

駅まで行ってみたいと

ホテルの玄関前で


o(- ̄*o))))...ウロウロ...((((o* ̄-)o


そこへ・・

お一人参加のAさんがやってきて

一緒に向かうことに












ホテルを出発すると

トラムの線路

見っけ・・











橋にはライオンが・・











トラムがやってきました

可愛い色ですねぇ・・











お花も咲いて

とってもいい季節・・

どんどん歩いてみたけど

駅らしきものがない











時間が少なくなってきたので

戻ることに

パン屋さん・・

めっちゃ美味しそうですねぇ・・

ピザ・・1枚1レフ・・64円・・

ホテルに戻る途中で

向こうから大きなリュックを担いだカップルが

日本人?????



[影]ω ̄)ジーーー


あちらも気づいて

足を止めてくれました

2ヶ月ヨーロッパを回って

昨夜12時頃駅についたそうで

駅のベンチで寝ていたと・・

学生のカップル・・

明日には日本に帰って・・

教師試験を受けると言ってました

真っ黒に日焼けした顔が逞しかった・・

写真

撮らせてもらうの忘れた・・


▼▼”⌒☆o(_ _o)ドテッ










ブルガリア・ルーマニアの旅・・(10)



夜は20時くらいまで明るいから

観光で遅くなっても

遅いという感覚がない・・

夜はホテルで20時30分からバイキング











バイキング

めっちゃ苦手













なんか・・

サラダばっかりになってるし・・











ビール・・10レフ・・640円

普通に美味しいビールです

ここで

えらいことが・・


ガッシャーン!


ビールを持ってきた女性スタッフ

私とY村さんの席の間のところで

瓶ビールとグラスをお盆から落として割っちゃった・・

Y村さんの奥様の肩にもろにビールがかかって

私のパンツも濡れちゃった・・

その音に気がついて

添乗員の新○さんや・・

ガイドのデリちゃんが飛んできた・・

椅子もベタベタになってて

私・・

すぐに椅子を取り替えてとお願いして・・

Y村さんに



怪我しなかった?

大丈夫?




と聞くと



大丈夫・・



怪我がなかったことに一安心

女性スタッフ・・

謝ることもなく

Y村さんが動いて当たったからこぼしたって言ったもんだから

Y村さん切れてしまって・・



今日中に洗濯して持ってきて!



新○さん・・



ここはホテルで洗濯してないから

出来ないと思います・・




申し訳なさそうにいう新○さんの声を遮って・・



そんなことない・・

カジノがあるホテルなんだからできるはず!




日本ならすぐに責任者が飛んで来るはずなんだけど

ここはでてこない・・

お国柄の違いでしょうね・・

デリちゃんが交渉に行ってくれて・・


その間も


あの人・私が動いたからだって言ってたよね


うんうん・・言ってたね・・

でもY村さんは動いてないから大丈夫・・



そうよね・・


私・・見てたから・・絶対動いてないから・・


本当は

そのビール私達のところに置くつもりのビールだった

それを横から・・

ここにもビールってY村さんが口をはさんで

振り向きざまに落としちゃったんだよね・・



デリちゃん戻ってきて

飲んでるビールを無料にしますと言ってますが・・


そんなん駄目!

ビールなんて飲みたくない!

洗濯代出してもらって・・



またまたデリちゃん交渉に

洗濯代をだすことは出来ないみたいで

ワインのサービスでなんとか・・と

かなり困った顔をしています

黙って見ていた私


あのネ・・

もう仕方ないからワイン貰おうよ・・

で・・

そのワインお土産に持って帰れば良いやん・・d(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ



Y村さん

添乗員さんやデリちゃんの話は一切聞かなかったけど

私の一言で納得してくれて・・

新○さんは・・

私に


ズボンの変えがありますか?

シミになるといけないからお部屋で

濡れたタオルで拭いてくださいね・・



大丈夫です・・o(*^▽^*)o~♪


本当は下着まで濡れてたけど

もう気の毒でそれ以上なにも言えなかったぁ・・

せっかくの食事もまずくなっちゃうしね・・

同席していた皆さんにも


ごめんなさいねぇ・・・

いただきましょうねぇ・・o(*^▽^*)o~♪



って言ったけど

もうあまり食べたくなくなってた・・











で・・これ・・

ヨーグルトを固めたものにジャムがのってるもの

濃厚で


☆⌒d(*^ー゜)b グッ!!


ブルガリアといえば

ヨーグルト・・

朝食でいただいたけど

美味しかったですよぉ・・

と言うか

日本で明治ブルガリアヨーグルト食べてる私・・

あまり違いがわからんかったぁ・・



ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆



ヨーグルトに水を入れて混ぜて飲むと

飲むヨーグルトって言ってたけど・・


Σ(ёロё)ホエー!!


だよねぇ・・・













お部屋に戻ると

ワインと果物が置かれていました・・



続く・・







ブルガリア・ルーマニアの旅・・(9)




ワインを持って












来た道を下っていきます













薪も沢山用意していますねぇ・・













長閑でいいねぇ・・












この町で

一泊してゆっくりしたいなぁ・・











お土産物屋さん











可愛い置物がありますねぇ・・













下まで降りると

大きな公園になっています












16時50分

ここでバスに乗り込んで

ソフィアまで179キロ

約3時間30分の距離です












バスが止まっちゃった・・

前を見ると

軍隊?みたいな車が・・

軍人さんみたいな人もいるねぇ・・

なんだ・・なんだ・・って見ていたら

ハリウッド映画の撮影に出くわしたらしいです

以前も

ハリウッド映画の撮影があって

デリちゃん

お手伝いしたって・・

なんか・・

色んな車が沢山あって・・

俳優さんの着替えの車とか

食事を作る車とか

ありましたよ・・

なんの映画なんやろ・・

気になるわぁ・・











19時・・

予定より早く到着したからと

スーパーに寄ってくれました・・

ここで・・

ブルガリアのチョコやお菓子をゲット・・

ばらまき用ね・・

支払いはカードで・・

結構いっぱい買ったのに・・

26.65レフ・・1705円・・(1レフ=約64円)

安いよねぇ・・











ちなみに平均給料は350ユーロ・・42000円くらい

田舎と都会・・

職種によって違いがあり

田舎の方が安いそうです・



続く











ブルガリア・ルーマニアの旅・・(8)





家の中の階段を上って

2階のお部屋へ











とても広くって

絨毯の敷き詰められた豪華なお部屋です












窓の上にはステンドグラスの窓

このステンドグラスは

ヴェネチアから運ばれてきたそうです











大きくて

ふかふかのベッド〜












大きな暖炉のあるお部屋












壁に架けられているのは手作りの洋服












この写真の方がコルドプロフさんかな?











2階からしたの部屋を見たところ・・













1階に降りると

男前発見

ブルガリアは

美人とイケメンがいっぱい・・













大きな樽と椅子が・・











ここで

赤ワインの試飲です・・

ちょっと若かったけど

とっても美味しいワインです













洞窟の中にはいっていきますよ・・












いきなり沢山の樽が並んで













壁にはコインが沢山貼っています・・












洞窟内は

ちょっとした迷路のように分かれ道になっていた













どっちに進んでもいいみたいだけど

初めての暗〜い通路内は

迷子になったらどうしようとちょっと不安・・・













クマさんが

待っててくれましたぁ・・


ホッε=(´ωノ[壁]












ここで

ワインを買って

赤ワイン1本・・5ユーロ(600円くらい)

ここのワインは1年もねかさない若いワイン

お味は試飲済み・・

荷物になるから1本だけにしました

それにしても

安いよねぇ・・



続く









ブルガリア・ルーマニアの旅・・(7)




メルリックへ











ギリシャの国境にほど近いメルリックは

ワインの産地として世界的に有名な小さな町













山岳地方ならではの雄大な自然景観と













可愛らしい町並みが

不思議と調和している町です














町の歴史は古く

トラキア時代に始まります













その後・・

ローマ・スラヴの支配下で発展し













第二次ブルガリア帝国の時代には

帝国の南西部を治めていた

アレクスィ・スラヴのもとで

この地方の中心になりました













長い間のオスマン朝支配を経て

ブルガリア領になったのは

バルカン戦争(1912年~13年)のあと













往時には

人口2万人

教会の数も75あったと言われていますが

今では数えるほどしか残っていません













やっと

コルドプロフの家が見てきました













コルドプルフは

19世紀の裕福な商人の家で

現在は博物館になっています













今回のツアーには

杖をついたおばあさん1人旅の方もいらしって

この坂はきつかったと思います

それでも最後まで

1人で頑張って・・

迷惑は一切かけませんでした


すごすぎっ!!((o(★≧∀≦★)o))












ガイドのデリちゃんの説明の声も

息が切れて

ハァハァ言いながら

後ろから

シン○さんが・・


デリちゃ~~~ん

速い・・

もっとゆっくり登ってぇ・・



デリちゃん


私・足がながいですから・・o(*^▽^*)oあはっ♪


デリちゃん・・

杖をついたお婆さんがいること

思い出してよ・・

足元の悪い坂道を

杖をついて必死で登ってるお婆ちゃんのこと

忘れちゃったかな・・

歩くスピードにも配慮が必要だよ・・













ここから中に












コルドプロフの家から見下ろしたところです

あの道を登ってきました・・













コルドプルフの家は

2階の窓が張り出した独特のスタイルです













階段を登って・・












屋敷の中に入ります

入り口では

可愛いお婆ちゃまがお出迎え

お願いして

1枚撮らせていただきました・・




続く







プロフィール

teapottok

Author:teapottok
生活も身体もスリムがいいなぁ・・
元気と笑顔が取り柄です・・

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
黒ねこ時計 くろック E01
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR