お楽しみ・・



明日から

留守はノブに任せて

長男のところへ行ってきます

ギリギリまで

長男から持ってきてほしいものメールが届くから

何度もお買い物・・

一度に言ってくれたらいいのに・・

思い出したようにメールが届くから



o><)oモォォォォ~ッ!!



ほんまに振り回されっぱなし・・

それでも


色々・ありがとね・・


のメールが来ると

しゃあないなぁ・・

って・・


(・∀・)ニヤニヤ


しちゃう私・・

そんな私をクマさんが見て笑ってます・・

二つのスーツケースは

殆どがお土産に占領されて・・

あちらで

クマさんの古希のお祝いをしてくれます

クマさん・・

良かったね・・


o(*^▽^*)o~♪










スポンサーサイト

お気楽に・・





先生にOPしましょうと言われて

覚悟していたから

お気楽にその足で京都へ・・











やってきたのは

嵐山・・

向かったのは











竹林・・

嵐山は何度も来てるけど

竹林には一度も来たことなかったんです











海外からの観光客でいっぱい・・

人が写らないように撮りたかったけど


ムリッス(。+・`ω・´)


良いポイントには中国人が溜まって動かないし・・

これがやっと・・












天龍寺

北門から入りました・・

どんどん曇ってきたぁ・・

でも・昨日と打って変わって暖かい・・











(*゜・゜)ンッ?


前に回ると

硯でしたぁ・・

この硯は

硯石と呼ばれていて

拝むと書画が上達すると伝えられているんだって・・

しっかりお願いしてきました

60の手習いっていうくらいだから

遅くないよねぇ・・

って・・

遅いか・・……(-。-) ボソッ












世界遺産の大本山天龍寺の庭園の中

開山の夢窓国師が作庭した特別名勝・曹源池の北側

北門から入ってきたから

逆コースです・・

「平和観音と愛の泉」の立て札が

観音さんは夢窓国師の母の念持仏で中国伝来で

国師は南北両朝の和平に尽くし

何時からか平和観音と称されたそうです

愛の泉は地下80㍍からの湧き水で

飲めば愛と幸あり・・と・・

泉には何故かカエルがいて

カエルの前のお皿にお金を投げ

見事入ると幸せになれるらしいです

水を飲むのか・お金を投げるのか・

どっちかハッキリしてほしいけど

とりあえず両方・・

冬の百花園はお花がなくて寂しい

一つだけ咲いていたのが

三椏でした・・












望郷の丘に上がって

上からの風景です

お天気悪くなってきたなぁ・・











多宝殿(たほうでん)

後醍醐天皇の尊像を祀る祠堂で

前に拝堂をもち後ろの祠堂とを相の間でつないでいます

屋根は入母屋造り・・

昭和9年(1934)に建築されたもので

拝堂には正面に1間の階段付き向拝を持ちあがると広縁になります

この場所は亀山上皇が離宮を営んだ際

後醍醐天皇が学問所とした地で

現在の建物は昭和9年当時の管長であった

関精拙老師が完成させたものです

後醍醐天皇の吉野行宮時代の紫宸殿の様式と伝えられています

中央に後醍醐天皇の像

両側に歴代天皇の尊牌が祀られています











大方丈裏庭の曹源池(そうげんち)を中心とした

池泉回遊式庭園は

開山・夢窓疎石の作庭で

国の史跡・特別名勝に指定されています












「曹源池」の名称は

池中から「曹源一滴」と記した石碑が現れたことから・・













時間がなかったから

クマさんどんどん先に行っちゃうんだもん・・

待ってぇ・・・












かっこいい

鬼瓦が・・

思わず


(-p■)q☆パシャッパシャ☆











庫裏(くり)

明治32年(1899)の建立

庫裏は七堂伽藍の一つで台所兼寺務所の機能を持ちます

方丈や客殿と棟続きで

切妻造の屋根下の大きな三角形の壁を正面に見せる

白壁を縦横に区切ったり

曲線の梁を用いたりして装飾性を出した建物で

天龍寺景観の象徴ともなっているそうです

入り口のところに

大きな達磨さんが見えました

写ってない・・わ・・


(; ̄ー ̄川 アセアセ


















水摺大辨財天

慈済院は天龍寺の塔頭で

天龍寺七福神の一つ弁財天をまつるお堂があります

白壁の竜宮城のような来福門が目をひきます

ここは禁門の変の際に

長州軍が天龍寺に陣を布いたために起こった

天龍寺大火を免れたため

室町時代の建築様式が残っているという事です

お堂の天井を見ると












立派な龍が・・











毘沙門天

すでに閉まっていて

入ることができませんでした

門の脇の塀ですが

屋根瓦を埋め込んでいて

面白いデザインになっています・・




















お土産物屋さん

あまりにも可愛いので

縮緬の生地でつくったものです

お寿司・・

結構リアルよねぇ・・

甘味処でお茶したかったのに

クマさん・


いらん・お腹いっぱい・・


って無視された・・

お腹一杯でも

わらび餅や・おぜんざいくらい食べれるやろ・・・・……(-。-) ボソッ












トイレに行くと

嵐電嵐山駅でしたぁ・・

このすぐそばに車を止めています・・

すでに4時を回ってる・・

さて・・さて・・

帰るとしますか・・

OPのことで

皆さんにご心配をおかけしました・・

ちょっと弱気になっただけです

とっくに腹は決めてたはずなのに・・

駄目ですねぇ・・

もう大丈夫です・・

OPまで健康管理をしっかりやって

ジムにも通い・・

体力つけておきます




。・:*:・(*´ー`*人)。・:*:・ァリガトォ☆★






病院帰りに・・(2)





鳥居にそって登って

いくら登っても先がある

心なしか

観光客も減ってるし・・













茶店が・・

ちょっと一休み・・

自販機で飲み物を

180円・・

高い!














まだまだ続いています

クマさんの足取りは

とっても軽い

どんどん登っていきます













境内案内図が

お山はこちら・・・


( ゚ Д ゚!)・・・・マヂカッァァァ


まだ上があるってことね・・

降りてきた方に尋ねると

ここでまだ半分だって・・

一ノ峰には1番えらい神様を祀っているんだよって

教えていただきました

すでに1時間は登っています

ここで引き返す方も多いそうですが

ここまで来て引き返せません・・

お水を200円だして買って

ちょっと休憩して

気合を入れて登り始めます













前を歩くクマさんの背中を見ながら

ゆっくり・ゆっくり登っていきます

一つの心臓には毛がはえていますが・・

山道を登る心臓は悲鳴を上げています













ドキドキ・バクバク・・

胸がいたい・・

何度も休憩しながら

ゆっくり・ゆっくり着実に登って












もうあかん・・

って思ったとき

クマさんが


頂上やで・・



やっと・・

やっと来た・・

2時間かかっちゃいました














標高233メートルの一ノ峰に到着・・













お参りをして












ひときわ大きな蝋燭がゆらめいていました・・













登ってきたからには

降りないと

来た道と反対側の道から降りました

階段が濡れていて

滑りそうで怖い・・

登ってきた道は風が気持ちよかったけど

こっちの道は風がとおらない















お口からお水が出ています














開けたところに出てきました

上りとは違うところです・・


アレ_(・・?..)?アレェ













腰神不動様があったので

お参りして













達磨さんだぁ・・

コンデジの画面で見ると

私の方を見て微笑んでる


(・・?))アレ((?・・)アレレ・・・


カメラから目を離してみると

やっぱりあっち向いてる・・

もう一度・画面を覗いてみると

やっぱり微笑んでくださってました・・

不思議な体験・・

やっと降りてきたら

登った道と違う道

40分位で降りてきました














なんか

懐かしい香りのする

かき氷屋さんを見っけ・・















ゆっくり座ってかき氷を頬張って

これ

380円でした・・

Pに着いたのは5時過ぎ・・
















帰りの高速からの夕日です















伏見稲荷大社

こんな山登りになるとは思ってもいなかった・・

でも・・でも・・

最後の最後で

達磨さんに微笑んでいただいて・・

頭なででもらった感じです・・



o(*^▽^*)o~♪



追・・

翌日から

ふくらはぎの筋肉痛

特に階段の昇り降りがめっちゃ辛いです

3日目の今日もまだ痛い・・

筋力がこんなに落ちてるなんて・・

愕然とした・・










病院帰りに・・




7月3日(月)

高槻の病院へ・・

ここからだと京都まですぐ・・

梅雨の晴れ間でお天気もいいので

クマさんと私の診察が終わってからひとっ走りしてきました

向かったのは













伏見稲荷大社

病院で待っているとき

京都のお稲荷さんの近くに住んでいる方がいらしてて

観光客でいっぱいだからP空いてないかもとおっしゃっていました

とりあえず行ってみると

タイミングよく駐車場も空いてて

すぐに止めることができました

ちなみに無料です

外国人に一番人気の伏見稲荷大社

海外からの観光客でいっぱいです















手水で

手を洗い

口をすすいで

心を祓い清め本殿へ














玉を咥えた狐

伏見稲荷大社には

玉鍵の信仰があるそうです

玉は稲荷神の霊徳の象徴で













鍵はその御霊を身につけようとする願望であり

この玉と鍵は

陽と陰・天と地を示すもので

萬物は

この二つの働きによって

生成し化育する理を表している

と意味づけられているとのことです


ここで豆知識

花火が打ち上げられる時の掛け声

「玉屋ぁ、鍵屋ぁ」は花火屋の屋号のことです

なぜ玉と鍵なのか

これは稲荷信仰と関係していて

江戸時代の花火や「鍵屋」と「玉屋」の屋号は

お稲荷さんの狐が鍵と玉をくわえていることに由来します

ちなみに

鍵屋からのれん分けした玉屋は

失火により廃業しましたが

鍵屋は現在もなお続いています
















本殿の前の狐

巻物を咥えています

巻物は知恵をあらわしているそうです













稲穂を咥えている狐

伏見稲荷大社は

商売繁盛の神さまとして有名ですが

昔は五穀豊穣の神さまとして崇敬されていましたから

狐が稲穂をくわえてても不思議でないですね













本殿にご挨拶をして














千本鳥居に向かいます













階段を上り・・













手相見の方がたくさんいらっしゃいます

横目で見ながら













更に階段を上がって・・











ここから千本鳥居・・











浴衣を借りて着ている

観光客が目につきます

足には下駄・・












なぜ「お稲荷さん」には鳥居がいっぱいあるの?

願い事が「通る」或いは「通った」御礼の意味から

鳥居を奉納する習慣が江戸時代以降に広がった結果だそうです

現在は約1万基の鳥居がお山の参道全体に並んで立っているそうです

千本鳥居でなく

万本鳥居ですね・・














お稲荷さんの境内は

京都のいわゆる

「東山36峯」の一番南に位置する稲荷山が大部分を占めています

その西麓一帯を含め約26万坪(約87万平方メートル)が境内だそうです

因みに甲子園球場は39,600平方メートルと言われており

約22倍の面積・・

それ・・

知らなかったから

甘く見てたぁ・・・・・

この後えらいことに・・




続く・・









本当に目的はこっち・・



さて

御津の梅園を楽しんだあとは

本当の目的地へ

梅園から更に西に


ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪










網元の津田宇水産さん


3月7日に解禁になった

いかなご・・

TVでは1キロあたり4000円と・・


......\( ><)シぎょぇぇぇ











お昼を回っていたけど

少し残っていました

キロあたり3000円だそうです

高すぎて・・

買えません


・・・(;´Д`)ウウッ…


去年も漁獲量が少なかったけど

解禁日で・・キロ・・2000円・・

徐々に下がってきてキロ・1000円まで

下がったときに少しだけ買った

今年もそのくらいまで下がってくれると

買えるけど・・

キロ・2000円でも


ムリ...((o(。;ω;。)o))ムリ...


昨日だったら2200円だったのにって

お姉さんが・・

それでも私には無理やなぁ・・

数年前はキロ・・600円~800円くらいで売ってたのにぃ・・

庶民の味方やった・・

今は・・今は・・

手が届かない高級品












漁獲量が少ないって言ってたけど

それでも高すぎやん!











(゜O゜;アッ!


新子・・(いかなごを湯がいたもの)発見!

これは

地元の人間だけの贅沢・・

地方発送してません・・

鮮度が1番のお品です














こうして冷やしてから

パック詰めにします

スーパーで売ってるパック4つ分で1600円

1個・400円・・

それなら良いなと

こっちを買ってきました













殻付きの牡蠣

キロ・900円です・・

本当は殻付き買おうと思ったけど

最近・

真面目だけが取り柄だったノブ・・

弾けてます

食事お家で食べません・・

帰宅は毎日11時を回って・・

で・・

むき身・・買ってきました

大粒が10粒入って600円

スーパーより断然安い・・

しかもとれたてで超新鮮・・













牡蠣は

オイスターソース炒めにして











新子は

クマさんが好きな食べ方

酢とお砂糖で・・

これが

めっちゃ


ヾ(@⌒¬⌒@)ノ ウマヒィ


ポン酢でも美味しいよ・・

でもでも

地元の人だけの楽しみ・・

こっちに来る用事があったときは

是非・・食べてみて・・

しらすとは似て非なるもの

全く別物・・


o(*^▽^*)o~♪








プロフィール

teapottok

Author:teapottok
生活も身体もスリムがいいなぁ・・
元気と笑顔が取り柄です・・

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
黒ねこ時計 くろック E01
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR