病院帰りに・・(2)





鳥居にそって登って

いくら登っても先がある

心なしか

観光客も減ってるし・・













茶店が・・

ちょっと一休み・・

自販機で飲み物を

180円・・

高い!














まだまだ続いています

クマさんの足取りは

とっても軽い

どんどん登っていきます













境内案内図が

お山はこちら・・・


( ゚ Д ゚!)・・・・マヂカッァァァ


まだ上があるってことね・・

降りてきた方に尋ねると

ここでまだ半分だって・・

一ノ峰には1番えらい神様を祀っているんだよって

教えていただきました

すでに1時間は登っています

ここで引き返す方も多いそうですが

ここまで来て引き返せません・・

お水を200円だして買って

ちょっと休憩して

気合を入れて登り始めます













前を歩くクマさんの背中を見ながら

ゆっくり・ゆっくり登っていきます

一つの心臓には毛がはえていますが・・

山道を登る心臓は悲鳴を上げています













ドキドキ・バクバク・・

胸がいたい・・

何度も休憩しながら

ゆっくり・ゆっくり着実に登って












もうあかん・・

って思ったとき

クマさんが


頂上やで・・



やっと・・

やっと来た・・

2時間かかっちゃいました














標高233メートルの一ノ峰に到着・・













お参りをして












ひときわ大きな蝋燭がゆらめいていました・・













登ってきたからには

降りないと

来た道と反対側の道から降りました

階段が濡れていて

滑りそうで怖い・・

登ってきた道は風が気持ちよかったけど

こっちの道は風がとおらない















お口からお水が出ています














開けたところに出てきました

上りとは違うところです・・


アレ_(・・?..)?アレェ













腰神不動様があったので

お参りして













達磨さんだぁ・・

コンデジの画面で見ると

私の方を見て微笑んでる


(・・?))アレ((?・・)アレレ・・・


カメラから目を離してみると

やっぱりあっち向いてる・・

もう一度・画面を覗いてみると

やっぱり微笑んでくださってました・・

不思議な体験・・

やっと降りてきたら

登った道と違う道

40分位で降りてきました














なんか

懐かしい香りのする

かき氷屋さんを見っけ・・















ゆっくり座ってかき氷を頬張って

これ

380円でした・・

Pに着いたのは5時過ぎ・・
















帰りの高速からの夕日です















伏見稲荷大社

こんな山登りになるとは思ってもいなかった・・

でも・・でも・・

最後の最後で

達磨さんに微笑んでいただいて・・

頭なででもらった感じです・・



o(*^▽^*)o~♪



追・・

翌日から

ふくらはぎの筋肉痛

特に階段の昇り降りがめっちゃ辛いです

3日目の今日もまだ痛い・・

筋力がこんなに落ちてるなんて・・

愕然とした・・










スポンサーサイト

病院帰りに・・




7月3日(月)

高槻の病院へ・・

ここからだと京都まですぐ・・

梅雨の晴れ間でお天気もいいので

クマさんと私の診察が終わってからひとっ走りしてきました

向かったのは













伏見稲荷大社

病院で待っているとき

京都のお稲荷さんの近くに住んでいる方がいらしてて

観光客でいっぱいだからP空いてないかもとおっしゃっていました

とりあえず行ってみると

タイミングよく駐車場も空いてて

すぐに止めることができました

ちなみに無料です

外国人に一番人気の伏見稲荷大社

海外からの観光客でいっぱいです















手水で

手を洗い

口をすすいで

心を祓い清め本殿へ














玉を咥えた狐

伏見稲荷大社には

玉鍵の信仰があるそうです

玉は稲荷神の霊徳の象徴で













鍵はその御霊を身につけようとする願望であり

この玉と鍵は

陽と陰・天と地を示すもので

萬物は

この二つの働きによって

生成し化育する理を表している

と意味づけられているとのことです


ここで豆知識

花火が打ち上げられる時の掛け声

「玉屋ぁ、鍵屋ぁ」は花火屋の屋号のことです

なぜ玉と鍵なのか

これは稲荷信仰と関係していて

江戸時代の花火や「鍵屋」と「玉屋」の屋号は

お稲荷さんの狐が鍵と玉をくわえていることに由来します

ちなみに

鍵屋からのれん分けした玉屋は

失火により廃業しましたが

鍵屋は現在もなお続いています
















本殿の前の狐

巻物を咥えています

巻物は知恵をあらわしているそうです













稲穂を咥えている狐

伏見稲荷大社は

商売繁盛の神さまとして有名ですが

昔は五穀豊穣の神さまとして崇敬されていましたから

狐が稲穂をくわえてても不思議でないですね













本殿にご挨拶をして














千本鳥居に向かいます













階段を上り・・













手相見の方がたくさんいらっしゃいます

横目で見ながら













更に階段を上がって・・











ここから千本鳥居・・











浴衣を借りて着ている

観光客が目につきます

足には下駄・・












なぜ「お稲荷さん」には鳥居がいっぱいあるの?

願い事が「通る」或いは「通った」御礼の意味から

鳥居を奉納する習慣が江戸時代以降に広がった結果だそうです

現在は約1万基の鳥居がお山の参道全体に並んで立っているそうです

千本鳥居でなく

万本鳥居ですね・・














お稲荷さんの境内は

京都のいわゆる

「東山36峯」の一番南に位置する稲荷山が大部分を占めています

その西麓一帯を含め約26万坪(約87万平方メートル)が境内だそうです

因みに甲子園球場は39,600平方メートルと言われており

約22倍の面積・・

それ・・

知らなかったから

甘く見てたぁ・・・・・

この後えらいことに・・




続く・・









本当に目的はこっち・・



さて

御津の梅園を楽しんだあとは

本当の目的地へ

梅園から更に西に


ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪










網元の津田宇水産さん


3月7日に解禁になった

いかなご・・

TVでは1キロあたり4000円と・・


......\( ><)シぎょぇぇぇ











お昼を回っていたけど

少し残っていました

キロあたり3000円だそうです

高すぎて・・

買えません


・・・(;´Д`)ウウッ…


去年も漁獲量が少なかったけど

解禁日で・・キロ・・2000円・・

徐々に下がってきてキロ・1000円まで

下がったときに少しだけ買った

今年もそのくらいまで下がってくれると

買えるけど・・

キロ・2000円でも


ムリ...((o(。;ω;。)o))ムリ...


昨日だったら2200円だったのにって

お姉さんが・・

それでも私には無理やなぁ・・

数年前はキロ・・600円~800円くらいで売ってたのにぃ・・

庶民の味方やった・・

今は・・今は・・

手が届かない高級品












漁獲量が少ないって言ってたけど

それでも高すぎやん!











(゜O゜;アッ!


新子・・(いかなごを湯がいたもの)発見!

これは

地元の人間だけの贅沢・・

地方発送してません・・

鮮度が1番のお品です














こうして冷やしてから

パック詰めにします

スーパーで売ってるパック4つ分で1600円

1個・400円・・

それなら良いなと

こっちを買ってきました













殻付きの牡蠣

キロ・900円です・・

本当は殻付き買おうと思ったけど

最近・

真面目だけが取り柄だったノブ・・

弾けてます

食事お家で食べません・・

帰宅は毎日11時を回って・・

で・・

むき身・・買ってきました

大粒が10粒入って600円

スーパーより断然安い・・

しかもとれたてで超新鮮・・













牡蠣は

オイスターソース炒めにして











新子は

クマさんが好きな食べ方

酢とお砂糖で・・

これが

めっちゃ


ヾ(@⌒¬⌒@)ノ ウマヒィ


ポン酢でも美味しいよ・・

でもでも

地元の人だけの楽しみ・・

こっちに来る用事があったときは

是非・・食べてみて・・

しらすとは似て非なるもの

全く別物・・


o(*^▽^*)o~♪








ちょっとひとっ走り・・




昨日の朝は冷え込んでいましたね

それでも

お日様が出始めたので

クマさんを誘って室津まで

その前に

御津の梅園にも立ち寄って











白鳥が出迎えてくれて











登っていくと

菜の花畑が広がって・・

かなり霞んでて

残念!











向こうに海が見えるんだけど

うまく写ってないね











入園料・・大人500円で

甘酒か梅ジュースいただけます

しょうがの効いた

甘酒をいただきました・・













お天気が良ければ

こんな風に見えるんだけど













霞んでて見えないねぇ・・












梅もまだ少し早かった











ここは

白梅のほうが多かったな・・












入り口のところで

クローバーの蜂蜜を売ってました

ここで

ミツバチ飼ってるんだね・・

登っていると

汗ばんできた・・

ぐるっと回ると


(゜O゜;アッ!


駅そば発見












まねき食品の駅そば













お蕎麦のお出汁にお蕎麦でなく

中華麺が入ってる駅そば

姫路に来て初めて食べたときは

衝撃だったなぁ・・

わかりますか?

黄色い中華麺が入ってるでしょ

これが・・

不思議だけど美味しいの・・











お地蔵様

ホッコリするお顔


クゥ~((о(*>ω<)о))キャヮユィッ★













揚げかまぼこを食べながら

パーキングへ

観光客が

次々と登ってきます

車のナンバーを見ると

結構遠くからやってきています・・

我が家からは

車で15分

近いからいつでも行けると

ここに住んで30年以上になるのに

始めてきた・・

息子たちが小学生の頃

「歩こう会」で毎年歩いて梅園まで

クマさんが一緒に行ってくれてたな

上級生になると息子たちだけで

下級生の面倒を見ながら参加してた

私は日曜は休めなくて仕事だったわ

懐かしい話しです

今年の「歩こう会」

3月20日って回覧板が回っていました・・




o(*^▽^*)o~♪








高野山へ・・(8)










中門(ちゅうもん)

金堂の正面手前の一段低い所に

そびえる五間二階の楼門です

壇上伽藍はかつて天保14年(1843年)の大火により

西塔のみを残して

ことごとく焼き尽くされました

先代の中門もその折に失われ

今日までなかなか再建叶わずにおりましたが

高野山開創1200年を記念して170年ぶりに

この度再建されました

持国天(じこくてん)像・多聞天(たもんてん)像

広目天(こうもくてん)像・増長天(ぞうちょうてん)像の

四天王がまつられています

なお

持国天像と多聞天(毘沙門天)像は

二天門であった先の中門に安置されていた像で

類焼をまぬがれてこの度保存修理が完成しました

広目天像・増長天像は

現代の大仏師松本明慶師の手により新造されたものです











広目天像

増長天に等しく

広目天は、持国天、多聞天、増長天と共に

四天王の一角として位置づけられています

「広目天」は

西の方角を守護する仏様としても有名です

「広目天像」は

目を大きく見開いています

耳で聞いても

その気迫がわかるように胸元にはセミをとまらせたそうです

厳しくも優しいお顔をした四天王像を拝観すると

清らかで落ち着いた気持ちになれると思います

この増長天像は

平安時代以前の彫刻師の作風では

手に筆を持って

逆の手にある巻物に何かを書こうとしている姿が多かったそうです

つまり

この高野山の中門の仁王像が

平安時代以前より伝わったものだとも言えます












増長天像

多聞天に等しく

増長天は

持国天、広目天と共に四天王の一角として位置づけられています

「増長天」は

南の方角を守護する仏様としても有名です

新規に作られた「増長天像」には

胸元にトンボがあります

これは

「断じて悪を通さない、後へは引かない」という意味で

前に飛ぶトンボで表したそうです

増長天が踏みつけているのは

邪鬼(邪気=悪い気)を踏みつけています











持国天像

持国天は、増長天、広目天、多聞天と共に

四天王の一角として位置づけられています

他にも

東の方角を守護する仏様としても有名です

安置される位置に関しては

通例では

御本堂の本尊に向かい、右手前に安置されます

持国天像のよく見かける姿は

革製の中国の唐の時代を連想させる

甲冑姿に刀剣を手に持っています











多聞天像

「多聞天像」は

上杉謙信の熱い信仰で有名な

「毘沙門天(びしゃもんてん)」の別名の仏様になります

したがって

「毘沙門天(びしゃもんてん)」のことです

多聞天は

北の方角を守護する仏様です

持国天に等しく

多聞天は

増長天、広目天と共に四天王の一角として位置づけられています

通常の姿形は

同じく唐の革製の胸当てに

左手に「宝塔」と右手には「鉾(ほこ)」を持った姿です

これは

悪い鬼(悪い心)を捉えて

改心させるとの由来があるそうです











そろそろ帰ろうかということで

パーキングまで移動

その間にも

気になるお寺がたくさん

meronちゃんにお別れを言うために

命のメッセージ展へ

meronちゃん

疲れてしまって宿坊へもどったあとでした

最後に

大伽藍でもとめたもの











クマさんは千手観音様

ノブは大日如来様

私は文殊菩薩様











帰りに立ち寄ったお店で

柿の葉ずし











鯖の柿の葉寿司・・

美味しかったぁ・・











プロフィール

teapottok

Author:teapottok
生活も身体もスリムがいいなぁ・・
元気と笑顔が取り柄です・・

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
黒ねこ時計 くろック E01
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR